極度の睡眠不足が健康に害することはご存知と思います

 


モチベーションを常に高く維持し続けるためには
睡眠は大切なものです。

何か仕事を成し遂げたいと思っていても体調が悪れければ
モチベーションを高く維持することはできないと思います。

モチベーションを高く持つためには、筋トレ、
食べ物(糖分摂取、炭水化物)は職業によって取り方は
変わってきます。いつもスマイルを持って行動。
最後に大切な睡眠があります。

 

モチベーションを常に高く維持し続けるためには、「睡眠」は
欠かせないものです。睡眠のとり方によっては病気にを誘導
させる場合があります。
24時間の内1/3の時間
を理想としていますから重要です。

 

寒い冬が過ぎ、眠も違ってきます。

 

春の夜は心地よいので睡眠も安定して、
朝になったことにも気づかず寝過ごしてします。

 

その結果寝不足になります。
単なる寝不足なら問題はないのですが、
睡眠を悪化させる要因が他にあれば深刻な問題になります。

 

春眠暁を覚えずによる寝不足でしたら問題ありません。

 

 

 

寝不足は深刻です。特に長起をした場合ではなく、
違う原因がある場合は特にです。

 

今回は睡眠を悪化させる要因6つ。
下記の名前とメールアドレスと入力後
解決方法をご入力のメールアドレスに送信します。

なかなか寝付けない・・・
熟睡できないと疲れがとれません。
朝になってもなかなか起き上がれません。

睡眠を悪化させている6つの原因です。

 

 

 

1. 寝る直前までスマホをいじっている
スマホの液晶画面が発するブルーライトは
睡眠を誘発するホルモン「メラトニン」の分泌を阻害します。

2. Tシャツ・短パン・ジャージで眠る
走るときにはランニングウエアが適している。
睡眠時はパジャマに着替えるほうが睡眠には快適、
Tシャツ・短パン・ジャージでは睡眠安定には適さない。

3.夕方以降にうたたねをする
人の体は疲労物質がたまると、体を休めて修復しようとする
機能が働き、眠くなります。昼寝の30分いないとは別です。

4.イライラしたまま床につく
ストレスを抱えた体は緊張し、交感神経が優位になります。
スムーズな入眠には、副交感神経を優位にする工夫が有効。
寝酒は逆効果です。

5.寝心地が悪い寝具を使い続ける
体型や骨格に合わない枕を使い続ければ
肩や背中の凝り睡眠中に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群という
病気の引き金にもなります。季節に合う寝具は理由があります。
夏の掛け布団は熱を逃がすもの
冬は適度に保温し、放湿するものがいいです。

6. 寝室の掃除は週1回以下
清潔な部屋作りは睡眠時の呼吸と密接に関係します。
スムーズな鼻呼吸を保つことは深い睡眠を得るための条件。
ダニの死骸やホコリは床から1メートルの間に浮遊しています。
ほこりが舞う部屋では鼻呼吸が妨げられるため睡眠が
安定できないようです。

統計上、死亡率が低いといわれている睡眠時間は6~7.5時間。
健康を保つためのベストの睡眠時間は、一人ひとり異なります。

年齢や体調によってもベストの睡眠時間は違います。
10代、20代なら多少無理しても大丈夫との神話的な
無理な睡眠不足はありません。

 

「寝た満足感」があるかないかが大事ですね。

 

もし、関心がありましたらこちらから申し込みください。

 

 

 

 

 

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存