戦国、江戸時代のマネージメントと現代のマネージメント

では大きな違いあり、昔のは古臭い、旧式のやり方と
思い通用しないと思っていませんか?

 

結局、すぐやる人が全てを手に入れることができます。
マネージメントも同じです。

 

 

 

時代背景が違えど同じ経営学?部下のマネージメント
戦国、江戸時代と昭和、平成時代の違えど、
戦国武将も現代の企業の社長も、部下を正しく導き、
組織を拡大させていくという点と、
その役割に違いはありません。

 

特に「優れた経営者に共通した理念」は、
昔も今もほとんど変わっていないようです。

 

マネージメント戦略においての経営は、
織田信長公や徳川家康公といった武将と、
松下幸之助さんや稲盛和夫さんなど、
誰もが知る大企業のリーダーの共通点を探りながら、
「部下のマネージメント」の
経営のコツを検証しています。

 

◎「条件づけ権力」:
徳川家康の愛読書に「貞観政要」があり、その中に書かれた内容ですが、
「『創業は易く守成は難し』。唐の太宗が側近に「帝王の業は創業と守成と、
どちらが難しいか」と尋ねたときに、房玄齢は「創業が難しい」、
魏徴は「守成が難しい」と答えた。

 

それに対して太宗が「創業の難事は過去のこと。
「今は守成の難事にあたろう」と答えたという故事に基づく。」
とあります。

 

※創業守成:
何事も新しく始めることよりも、始めたことを軌道にのせて
守っていくことのほうが難しいという意味です。
「創業は易く守成は難し」の由来となった故事。

 

「創業」とは、新しく事業を始めること。
「守成」とは、築き上げたものを守り続けていくこと。

 

戦国武将も企業の社長の経営者に求められる資質・能力には
普遍の部分もありますが、その一方で時代の移ろいによって
求められるものが変わるということもあります。

 

ここではまず普遍なものついて考えたいのですが、

 

それは「人の活用と処遇」で、

 

これを間違えたがために多くの組織が崩壊しています。

 

最大であり稀有な経営資源は人間であって「その人間が持つ個々の資質・
能力を見い出して抜擢し、場を整えて最大の成果が得られるように支援する」、
これが古今東西にかかわらず、マネジメントにおける最も重要な課題です。

 

「功ある者には禄を与えよ、徳ある者には地位を与えよ」

 

その基本で、貢献したからという理由で地位につけるのは
組織の破綻の原因ともなります。

 

「功ある者には禄を与えよ、徳ある者には地位を与えよ」は、
西郷隆盛が言ったとも、織田信長が言ったとも、言われています。

 

中国最古の歴史書である「書経」には、
「徳さかんなるは官をさかんにし、功さかんなるは賞をさかんにす」
という言葉が記されています。

 

さらに、GEのジャック・ウェルチも「能力と意欲あるものにはチャンスを与え、
成果と貢献のあった者には報酬で応えよ」といわれていとも。

 

◎古今東西、成功を得る経営者の考える原則は同じのようです。
経営者が行うマネジメントは、最小の資源をもって最大の効果を得
ようとするもので適材適所でないと成果を得られないのは当然です。

 

◎「縁故である」からなどで、
地位につける場合が多くありますが、
人情としては共感できても大方は破綻します。
「縁故」以外の人については
「栄誉と報酬」
をもって報いるのが原則です。
この原則を過つと、機能としての組織は不全を来します。

 

◎織田信長公の没落とマネジメントの関係は、
マネジメントの「流行」について考察を行います。

 

まず権力にはどのような基盤が必要かということを考えてみると、
あげられるのは個人資質で、続いて財力、
組織でこれがないと権力の行使はできません。
織田信長公は全てにおいて卓抜で成果を実現させています。

 

経済学者「ガルブレイズ」は
1.「威嚇権力」
2.「報償権力」
3.「条件づけ権力」
3つ目に独特な考えとして「条件づけ権力」をあげています。

 

さて信長公の権力行使について検証してみますと、
信長公が行ったのは「威嚇権力」と「報償権力」で、
価値観にかかわる「条件づけ権力」については
機能主義から当初は利用したものの、
利用価値が薄れると意を注がなくなります。

 

現代の経営者でも、自己の都合で「帰属意識」を持つ社員を
解雇することがありますが、日本人の感性に合わずで
「条件づけ権力」の放擲になります。

 

信長公の場合は天下を制する目前でもあり、
功少なきであっても「小禄」「栄誉」を与える様子にさえ
見せてさえいれば「条件づけ権力」も保てたでしょう。
と言われています。

 

現代ほど、経営者にとってマネジメントの
困難な時代はないと言えます。
それは市場やグローバル化が進み、
環境変化が激しいためそれも質的変化が
絶えず起こっているので、守りの経営だけでは
存続がはかれないことです。

 

起業して10年存続できるのはわずか6%です。
20年存続できるのはさらに厳しく0.4%
30年では、さらに厳しく、「0.021%」。

 

日本の京都では100年以上存続している会社が
たくさんあります。平安時代からの宮大工の
株式会社では何千年も存続しています。

 

市場は絶えず変化をしています。
起業側の都合を待ってはくれません。

 

◎解決策は「価値観(条件付け権力)」、
独善防止のための率直な意見を交換できる
「経営チーム」の構築、現場への大幅な
「権限移譲」です。
経営者の行うことは「価値観」の確立。

 

結論として、PDCAの考え方になります。
物や時代の変化に敏感になり、
弱者の戦略や強者の戦略からの分析が必要となり、
問題を細分化して解決を怠らないことです。

 

◎松下幸之助さんが派閥を作らず、
派閥を作らず、作らせない事業部制もここにあります。
同じ物の考え方ではなく、同じ人でなく、やり方を変えなくては
組織内の内容が見えなくなり、「見える化」が必要になります。
『創業は易く守成は難し』は継続の難しさを昔からの問題になり、
今もその内容のポイントは同じです。

出典:http://www.mag2.com/p/news/228554/3

 

 

 

>> 人材育成、マネージメントの悩み解決申し込みはこちら

 

 

 

*———-*———*———*———*———*———*
「集客⇒販売⇒フォロー」はダイレクトレスポンス
マーケティング(DRM)
※特典を受け取りください。
⇒ http://goo.gl/m4JWQC
*———-*———*———*———*———*———*

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存