晩秋の京都は風情があります。京料理とか。

秋の京都には魅力がたくさんあります。
京料理はシンプルで美味しい食材をたくさんと個性の料理です。
京料理は独創的で関西風とは別な風合いを持っています。
あきの京料理は、健康的にもダイエット的にも好まれています。

 

京都は京料理と秋の風情の紅葉もあります。神社も同じです。
京都の「清水寺」は紅葉でも有名ですが、
年末の漢字一文字書きの方が有名で気になります。
紅葉とは別に年末の清水寺だというイメージが強すぎるから、
去年の漢字一筆書きは覚えていますか、
この漢字一筆書きはいつから始まったか。

%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba4

 

今までの漢字一文字書きは何か。
その年の世相を一文字で表し、状況を映し出しています。

 

歴代の漢字一文字。
・2015年は「安」
・2014年は「税」
・2013年は「輪」
・2012年は「金」

 

 

と世相を映し出す一文字はその時を表します。
始まりは1995年の阪神淡路大震災の時から
清水寺の一文字が始まりました。

%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0_%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba

 

日本漢字能力検定協会が、その年をイメージする
漢字一字の公募を全国より行い、
最も応募数の多かった漢字一字を、
その年の世相を表す漢字として、
12月12日の「漢字の日」の午後に清水寺で住職より
和紙に漢字一文字で毛筆で書いて発表されます。

 

 

個人的には「第一生命保険のサラリーマン川柳」の方が
気になります。サラリーマン川柳も公募しています。

%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba1

 

京都の清水寺は紅葉は世界でも有名ですが、
12月12日のサラリーマン川柳も気になるが
漢字一文字の発表が紅葉と並ぶぐらい気になります。

 

 

京都には神社が沢山ありますし秋の名称とみる
観光地は舞子さんだけでなく、芸子さんでもなく、
春夏秋冬楽しめる楽しめる場所です。

 

 

京都のお寺は個性的と思いがち。
他ではやっていない個性があります。
清水寺では、年一度の12月12日の「漢字の日」に
漢字一文字で毛筆で和紙に書いて発表という名物に
なりました。

 

 

それは、弱者の戦略で言う「差別化戦略」、
「一点集中主義(ターゲットを絞る)」です。

 

数ある京都のお寺の差別化として、京都府の
清水寺は漢字一文字で全国に知られることになり、
観光客も他の神社よりは増えているとのことです。

 

 

京都の神社の中でもお客様(観光客)とライバル(神社)
がいます。どこの市場でも、お客様とライバルしか
存在しません。どこの分野でも同じです。

%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba3

 

ライバルに勝つためには、仮説を立てて実行して振替って
実行する「PDCA」の存在です。
綺麗な風景や観光地、舞妓さんの京都でも例外ではない。

 

 

 

マーケティングはどこでも、いつでも行われています。

マーケティングにはステージがあります。京都のお寺も
同じです。成長か衰退期でお寺の差別化や一点集中主義での
マーケティングの仕方が変わります。

 

 

このように細分化して捉える理由は弱者と強者、
この二つの立場のものの戦い方が全く異なるからです。
すなわち弱者の基本戦略は差別化戦略。
強者の戦略は同質化(ミート戦略)といます。
そして弱者・強者にはそれぞれ5つの代表的な戦い方があります。
これを5大戦法といいます。

 

 

「集客⇒販売⇒フォロー」のPDCAサイクルでのマネジメント。
>> 集客⇒販売⇒コピーライティングとマーケティング

%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0_%e6%b8%85%e6%b0%b4%e5%af%ba