日本の「ガラパゴス」と言えば「携帯電話」「スマートフォン」

が挙げられます。日本の国内のニーズに合った商品作りで
世界のニーズに合わせていないところにあります。

%e3%83%81%e3%83%a7%e3%82%b3%e3%82%a2%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%881

 

日本の「ガラパゴス」に該当しない商品と挙げられるのは
自動車が挙げられます。トヨタ、レスサス、ホンダ、スズキと。
今回は、日本の「ガラパゴス」商品が何故か世界から
喜ばれる商品に変わったものを紹介します。

 

 

それは、日本の「ガラパゴス」お菓子が海外でモテモテ
日本のお菓子といえば、「キットカットの抹茶味」、
、ニューヨークでフィーバーした信玄餅、
中東で人気の「ヨックモック」のお菓子など。

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%ae%e3%81%8a%e8%8f%93%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%80%8c%e3%83%a8%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%a2%e3%83%83%e3%82%af%e3%80%8d

 

日本の食といえばお菓子だけでなく、「お寿司」「ラーメン」
米国で言えば「sushi」や「ramen」となりますか。

 

 

日本のスイーツもアメリカやフランスにも知れ渡っています。
ケーキ、テラミスなどが、販売されていますコンビニと
スーパー、デパートのデパ地下も併せてです。

 

 

今回は日本のお菓子が海外に知れ渡ることになりました。
ただし、「ガラパゴス」お菓子として、コンビニやスーパーで
気軽に購入することのできるものから、デパ地下の高級スイーツまで、
その豊富なバリエーションは外国人にもファンを増やすことに
なりました。

 

 

日本のお菓子メーカも世界各国の需要の存在は日本だけの
マーケットの規模を超えています。世界各国のニーズに合った
商品開発し、「ハラル版のポッキー」「ロイズチョコ」
「東京バナナ」「いかせんべい」と「ヨックモック」

 

 

日本のお菓子を世界各国のマーケットで見た場合その
マーケットは200兆円といわれるほど拡大を広げるハラル食品。
世界には一般の人達と富裕層の人たちがいます。
特に富裕層に人気なのがヨックモックの商品を好んで
大人買いされています。

%e5%a4%a7%e5%88%a4%e7%84%bc%e3%81%8d

 

スポーツ界では、なぜか、海外では「ハイチュウ」が
ハイチュウファン化するほど人気です。
それは、メジャーリーグのボストン・レッドソックスの田澤純一選手が
ハイチュウをチーム内に持ち込んだことをきっかけに、周囲の他選手に
ファンが急増。

 

 

チーム内での「ハイチュウフィーバー」は勢いを増し、
販社の米国森永がサンプル提供を開始。
最終的にはチームと森永は正式なスポンサー契約をするまで
日本のお菓子の「ハイチュウ」がキッかっけで、
その後、MLB全体にも人気がひろがり、NBAともパートナーシップを締結。

 

 

トレンドや流行などとは別に世界各国では別なところで
別なニーズでヒットします。
最近では「PPAP」単語は「ペン」「アップル」「パイナップル」。
PPAPは数年間練りに練って作った「曲とダンスと衣装」の3点セット。

 

 

日本の餅にフォーカスされています。日本人の感性では
思いつかないところでヒットしています。

 

 

紹介した日本のお菓子も例外ではない。

日本のお菓子の「PPAP」的なものが今後ヒットが予想されます。
マーケティングはしっかりとする必要があります。
それで世界各国のニーズを見つけることができます。

%e3%81%9f%e3%81%8f%e3%81%95%e3%82%93%e3%81%ae%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%ad

 

コピーライティングも日本語だけでなく、その国に合った
キャッチコピーが必要になります。

 

 

「集客⇒販売⇒フォロー」はコピーライティングで始まる 。
>> 集客⇒販売⇒コピーライティングとマーケティング