田中角栄さん、44歳の伝説のスピーチ

大蔵大臣(財務大臣)就任挨拶が
伝説となっています。
その伝説の挨拶を新潟県知事に就任した
米山隆一新潟県知事が就任時に引用しました。

%e7%94%b0%e4%b8%ad%e8%a7%92%e6%a6%ae%e4%bc%9d%e8%aa%ac%e3%81%ae%e6%8c%a8%e6%8b%b61

その伝説のスピーチとは?

「私が田中角栄だ。尋常小学校高等科卒業である。
諸君は天下の秀才揃いであり、財政金融の専門家
ぞろいだ。

 

しかし、私は素人ながらトゲの多い門松を
たくさんくぐってきたので、いささか仕事の
コツを知っている。

 

一緒に仕事をするにはお互いを知る事が大切だ。

 

大臣室のドアはいつでも開けておくから、
誰でも大臣室に来てくれ。何でも言ってくれ。

 

上司の許可を得る必要はない。

 

出来る事はやる。できないことはやらない。
しかし、全ての責任はこのワシが負う。以上」

%e7%94%b0%e4%b8%ad%e8%a7%92%e6%a6%ae%e4%bc%9d%e8%aa%ac%e3%81%ae%e6%8c%a8%e6%8b%b62

 

 

最近就任新潟県知事に就任した米山隆一県知事が

「出来る事はやる。できないことはやらない。
しかし、全ての責任はこの私が負う。以上」
と、田中角榮さんが44歳大蔵大臣就任時の挨拶を
引用しました。

 

米山隆一新潟県知事は経歴が凄すぎるため前半は
引用しませんでした。

 

それは、
新潟県北魚沼郡湯之谷村生まれ、ここは田中角栄さんと
近いところの生まれです。

 

中学校が新潟大学附属中学校、高校は関西の名門校の
灘高校卒業し、東京大学理Ⅲ卒業し、医師免許取得し、
7年後に司法試験に合格した。

 

放射線医学総合研究所、ハーバード大学附属
マサチューセッツ総合病院を経て、
東京大学先端科学技術研究センターに就職。

 

米山隆一新潟県知事は就任時の挨拶には田中角榮さんの
大蔵大臣(現、財務大臣)就任の最後の部分を引用しました。

 

田中角榮さんの世代を超えての伝説のスピーチ。
そのまま言葉にすれば伝説のコピーライティングと
なりうることです。

 

 

田中角榮さんは尋常小学校高等科卒業ですが、
一級建築士の第1号は田中角榮さんです。

 

 

土木の設計をしてトンネルや道路設計を行っていました。
新潟市や長岡市の道路を車で通たことのある人は
わかりますが道路が違います。これは余談です。

 

 

田中角榮さんのスピーチや行動力のエピソードは
たくさんあります。最近、田中角栄さんの本が沢山
出版されています。今の政治に不満を持っている
現れかもしれません。責任を取らない政治家が
多い中で田中角榮さんのスピーチは強烈です。

 

 

「私が田中角栄だ。尋常小学校高等科卒業である。
諸君は天下の秀才揃いであり、財政金融の専門家
ぞろいだ。

 

しかし、私は素人ながらトゲの多い門松を
たくさんくぐってきたので、いささか仕事の
コツを知っている。

 

一緒に仕事をするにはお互いを知る事が大切だ。

 

大臣室のドアはいつでも開けておくから、
誰でも大臣室に来てくれ。何でも言ってくれ。

 

上司の許可を得る必要はない。

 

出来る事はやる。できないことはやらない。
しかし、全ての責任はこのワシが負う。以上」

 

 

これ以上強烈なことを言えるだけの自信を持っている人。
コンピュータ付きブルトーザーと言われた人物です。
https://youtu.be/rlhH0PFkOSA

 

 

 

「集客⇒販売⇒フォロー」はコピーライティングで始まる 。

http://goo.gl/2fTZsy

>> 集客⇒販売⇒コピーライティングとマーケティング

詳細はこちらをクリック