今回は、「ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の基礎編」についてお話します。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは、何でしょうか?
和製英語のような言葉とイメージします。
カタカナ言葉はイメージしにくいことが多いし、勘違いされるケース
が多い。セールス、マーケティング、マネジメント、
コミュニケーションなどのカタカナ言葉は、分かったような
気になってしまう。

 

マーケティングにはステージがあります。
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は
いつでも、どこでも、ネットの中で行われています。
場合によっては、実ビジネスでも行われます。

 

公式:「集客⇒販売⇒フォロー」=ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)。
「集客⇒販売⇒フォロー」はダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は
そのノウハウややり方は情報商材や物販販売、
アフリエイトとは少し違うと認識しています。

 

大枠のインターネットビジネスというくくりでは
同じかもしれませんか細かく突き詰めれば
少し違う認識と思います。

 

では、DRMとは?

 

DRMとは、何でしょうか?どんな意味でしょうか?
何かのDM(ダイレクトメール)でしょうと
思う方もいるかもしれません。

 

では、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは、
何でしょう?単純に、
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の省略語です。
では、どんな意味でしょうか?

 

簡単にいえば、ダイレクトレスポンスマーケティングは、
お客さんと信頼関係を築きながらビジネスをおこなう。

構築するための仕組みづくりです。

 

別な言い方をすれば、「関係性構築ビジネスを
作るための仕組み」です。
「集客⇒販売⇒フォロー」=DRM。

 

1.集客:お客様を集めること
2.販売:お客様に商品を・サービスを販売すること
3.フォロー:お客様との信頼関係を築くこと

 

この「3つのこと」を継続的にかつ、徹底的に行うことが
大原則です。DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)、
「関係性構築ビジネスの仕組み」が重要になります。

 

DRMは仕組みであって商品や情報商材ではありません。
逆を言えば、扱う商品は何でもよことになります。

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を学び、
実践して、習得することによって、
極めて重要で価値のあることです。

 

このことは「あなたが生涯、いくら稼げるか?」に
つながり価値を得ることになります。

 

 

このDRMを駆使したMr.Xのコピーライティングを

武器に活躍した人がいます。

 

正直信じられませんし、まがい物と思うかもしれません。
あなたがそう思うのも無理はありません。

 

無理はありませんが、これは現実の話なのです。
この話が大げさでないことは、
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
今までの歴史を振り返れば、すぐに分かります。

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の
歴史の始まりとは。

 

その始まりとは、
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は
アメリカが発祥となります。

 

アメリカでダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
の歴史は古く、100年以上の歴史があります。
南北と東西と国土の広いアメリカでは、
新聞広告を中心とした通信販売が1920年代から
始まっていました。

 

当時のアメリカの通信販売は、小売店による流通網が
限られているためです。

 

アメリカで育ったダイレクトレスポンスマーケティング
(DRM)が日本に渡り、日本でも通信販売業者を中心に
実践されてきました。成功事例の横連携で、
あらゆる業種・業界で成果を上げています。

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の
その長い歴史と経験から選択の仕方によって、
売上が大きく左右されることを当時の広告に
携わっていた人々が発見したのです。

 

そして、どんなヘッドライン、どんな特典、どんな保証、
どんな文章構成を使った時に、人々は広告にどんな反応するのか?
データを蓄積し始めたのです。

 

その結果、言葉の選択次第で、顧客の反応を引き出し、
売り上げに直結させる広告手法が発達していきました。

 

この広告手法こそが、
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)です。

 

 

最近では、企業だけでなく個人のサラリーマンが

リスクなく副業からビジネスを始める手段としても、
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
が使われています。

 

もっと直接的な言い方をすると、
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は、
あなたの働く時間を大幅に減らし、
あなたの収入を倍増させるほどの威力があるのです。

 

チャンスは皆に平等です。しかし、そのチャンスを活かし、
行動するかどうかはあなた次第です。

 

なぜなら、同じ文章を読むのでも、読み手の真剣さの
度合いによって得られるものは変わってきてしまうからです。

 

このダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)で
基本を身に付けたら、何らかの行動を起こしてみてください。
その第一歩からすべてが変わり始めます。

 

公式:「集客⇒販売⇒フォロー」=ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
「集客⇒販売⇒フォロー」はダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は、
マーケティングにはステージがあるように
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)はいつでも、どこでも、
ネットの中で行われるステージがあり、それを実践レビュー。

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の実践2点用意

>> 商品販売の極意塾の詳細はこちらをクリック

 

Twitterクロス恋愛アフィリエイトDRMはこちらをクリック