「タイトル:絶対に失敗しない見出しをつくる方法」について

それでは、セールスレターでキャッチコピーを考えている

 

「あなたに質問です」。

 

セールスレターの「見出しの役割」って何でしょうか?

 

 

答えは、「記事の本文を最後まで読ませること」です。

 

大切なことは、あなたがつまらない見出しを書いてしまったら、

 

本文がどんなに素晴らしくても誰もあなたの文章を読んでくれません。

 

 

逆に、見出しがインパクトがあって面白いものなら、

 

本文の文章がどんなにつまらなくても、

 

多くの人があなたのセールスレターを読んでくれるのです。

 

 

 

これが、見出しが極めて重要だと言われる最大の理由です。

 

見出しを考えるのが面倒と思い手っ取り早く見出しを作らないで、

 

手順に沿って「タイトル:見出し」を書くようにしましょう。

 

 

重要なことは数稽古となります。

 

見出しで本文の文章を最後まで読ませる見出しは、

 

「質より量」になります。

 

 

どうか手っ取り早く見出しを作らないで、以下のように

 

「タイトル:見出し」を計画的に書くようにしましょう。

 

ステップ1:見出しを30~50通り書いてから、どれを使うか決める。

ステップ2:見出しを書き置き、 1日経ってから新鮮な目でもう一度読む。

ステップ3:「この見出しはどうすればもっとよくなるか?」

 

「私の目的、ターゲット層、商品やサービスにとって

 

これが一番良い見出しだろうか?」と自問する。

 

 

自分でもコピーを書くときに、あまり深く考えもせずに見出しを

 

書いてしまうことがありますが、

 

そんな時は必ずといって失敗してしまいます・・・。

 

見出しは慎重に、よく考えてから書くようにしましょう。

 

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは、
「関係性構築のネットビジネスを作るための仕組み」

 

公式:「集客⇒販売⇒フォロー」=ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
「集客⇒販売⇒フォロー」はダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存