コカ・コーラのブランド戦略とマーケティング

すかっと爽やか「コカ・コーラ」のネーミングの
ブランド戦略とマーケティングについてです。
「集客⇒販売⇒フォロー」=DRM。

前回、信じがたいが、
女性は「サラダを食べる男性の体臭」が好きと
世界の医学誌より紹介されました。

 

男性は女性の体臭より視覚の影響される、美の
曲線はコカ・コーラの瓶の曲線フォルムです。

 

日本コカ・コーラは独自の商品戦略を行っていますが、
「コカ・コーラ」はアメリカの会社ですが、日本での
市場調査後の商品開発、販売、類似品の展開の手法です。

 

毎年発表されている世界ブランドランキングで、
13年間トップの座に君臨し続けてきた「コカ・コーラ社」。

 

アメリカの企業は日本と比べて、
ブランド価値を重視する傾向があります。
無形資産の中でも特にブランド価値を重要視しています。

 

コカ・コーラ社は、強力なブランド価値を構築するために、
他の企業とは異なるブランド戦略を行ってきました。

 

コカ・コーラ社が制作した「Happiness Machine」という、
動画再生回数が770万回以上にもなるヒットCMがあります。

 

商品を通じて「世界中に幸せを届けたい」
「笑顔の輪を広げたい」といった
メッセージを消費者に発信しているのが特徴的です。

 

コカ・コーラ社は様々なマーケティグ手段で
ブランド価値を高めていきました。
その中でもコンテンツマーケティングで有益な情報を提供している。

 

コンテンツマーケティングとは、消費者にとって
有益なコンテンツ(情報)を提供・配信することにより、
消費者とコミュニケーションを図り、見込み客に対して
購買に結びつく行動を促し、ブランドロイヤルティを
向上させるマーケティグ手法のことです。

 

 

 

独自の製造・流通システムで世界を支配している。

コカ・コーラ社のビジネスモデルは
「飲料の製造販売フランチャイズチェーン」です。

 

コカ・コーラ社とFC契約しているボトラー社に製品製造と
販売を担って、コカ・コーラ社は原液の製造と販売、
商品開発やマーケティング戦略の策定などに特化しています。

 

日本では、日本コカ・コーラがコカ・コーラシステム
を展開しています。日本市場のマーケットニーズの分析や
製品開発、マーケティング戦略の策定も行っています。

 

茶やコーヒーといった非炭酸飲料の販売比率が高く、
コカ・コーラ社はその成功事例を他の国でも
行うようにしています。

 

コカ・コーラ以外の飲料でも成功を収めることができたのは、
同社が持つ高度なマーケティング手法を活かした
商品開発を行っている。

 

高度なマーケティング力により、マーケットニーズに
合った商品開発を行ってきました。
結果として、コカ・コーラのみならず、
多くの飲料で成功を収めることができたのです。

 

日本コカ・コーラは、ジョージアや爽健美茶、アクエリアス、
綾鷹、紅茶花伝といった数々のヒット商品を生み出していきました。
商品開発とマーケティング戦略に集中できる
ビジネスモデルを構築できた。

 

日本コカ・コーラをはじめとしたビジネスモデルは、
世界中の多くの企業の参考事例となっています。
企業がブランド力を高める上でのベンチマーク(指標)
となっています。

 

コカ・コーラとペプシコーラについては過去に
コカ・コーラだ創業以来の重大のミスを犯しました。

 

創業以来の味を守っていましたが、味の差別化戦略で、

 

‘80年~’90年代にペプシとコカ・コーラはコカ・コーラが
大切な味を変えてクレームが大量に来て、勝負の前に墓穴を
掘ってしまい。味を元に戻す宣言をしたが時、既に遅し。

 

足元が見えなくなったんでしょうか。

 

それが原因でマーケティング、コンテンツマーケティングに
力を入れたとことです。味の差別化戦略(ニュー・コーク)は
失敗し、「クラシック」コークに戻しましたね。

 

その結果良い方向に進むことができたようです。

 

コカ・コーラは卓越したブランド戦略が成功事例と言えます。

 

出典:http://www.mag2.com/p/news/232538/3

 

 

今日は、クリスマス・イブです。

メリークリスマス、素敵な日にしてください。
Merry Christmas, please do a nice day.

今年ももう少しですね。
年末年始は大忙しの年になりそうですね。

 

2017年は今年とは違ったことに
チャレンジしたいと思います。

 

来年は、素敵なプラスワンにしましょう。
2017年の目標に達成し、成功を掴みましょう。
目標成功のために乾杯したいですね。

 

Let’s make a nice plus next year next year.
Let’s achieve the goal of 2017 and grasp success.
I would like to drink a goal for success.

 

*———-*———*———*———*———*———*———*

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは、
「関係性構築のネットビジネスを作るための仕組み」

公式:「集客⇒販売⇒フォロー」=DRM。
はこちらから

⇒  http://goo.gl/2fTZsy
⇒  http://goo.gl/XDtVcz

*———-*———*———*———*———*———*———*

 

 

 

 

保存

保存