「守破離」トレンドは一歩先。

 

世の中の変化は私たちを待ってくれない。
世の中は勝手に変わっていきます。

 

 

今から500年と言えば日本は戦国時代真っ只中、
成人した男は「ちょんまげ」をしている時代です。

 

世界はどんな世の中でしょうか?
簡単に500年前、されど500年前。
世の中は大きな変化をしています。

 

 

その当時はやっと地球は丸いと証明されたころです。
それよりも前、1492年コロンブスが米大陸を見つけました。

 

まだ、地球が丸い証明されていない地球球体説を信じ、
西回り航路を切り開いたのです。

 

 

これは世界貿易の歴史を大きく変えました。
世界貿易の革命とでも言える出来事です。

 

東西の貿易路をおさえていたオスマン帝国の時代が
終焉を迎え、新たな航路を手にした欧州は
新大陸やアジアとの取引で莫大な利益を得ました。

 

 

 

18世紀後半の第1次産業革命の口火を切った

英国人ジェームズ・ワット。

 

蒸気機関の効率を大幅に高めた取り組みは、
世界を変える動力革命に発展しました。

 

帆船は蒸気船に、馬車は蒸気機関車に変わり鉄道に。
動力は工場の生産に影響を与えました。
生産性を劇的に高めた英国繊維産業は世界を席巻。

 

 

 

電気と石油による重化学工業が発展した第2次産業革命

発明王トーマス・エジソンの登場により劇的変化。

エジソンが照明会社を設立しM&Aで吸収した会社は後に
ゼネラル・エレクトリック(GE)に発展しています。

 

自動車王ヘンリー・フォードはエジソンの照明会社で
エンジニアとして働いていた後、その後、
創業したフォード・モーターで自動車を生産しました。

 

金融王J・P・モルガンはエジソンの電気照明会社に
出資し大きな資本を手にしました。

 

 

どの時代にも「市場を創った人」がいて
どの時代にも「時代に縋り付いた敗者」がいました。

 

スタンフォード大学での伝説で有名なスピーチがあります。
「ハングリーであれ、愚かであれ」
アップル創業者スティーブ・ジョブズの言葉です。

スティーブ・ジョブズ氏はコンピューターと音楽と
携帯電話を変えた人です。
ipot、iPhone、iPadで世界が変わりました。

頭いい人たちは勝手に世の中を変えました。

これから「国の垣根」は取り払われ「より人工知能」

AIの時代が進むでしょう。iPhoneのシリにも変化が出たように。

 

その中で私たちは、今まのままでいいのでしょうか?
世界から日本は、まだ「ちょんまげ」していると思われています。

 

私たちが知らない間に、「世の中の頭のいい人たちは
勝手に世の中を変えています。」

 

私たちが知らない間に歴史は確実に動いています。
世の中の動きをしっかりと見続けましょう。
新しいものを使いこなしましょう。

 

 

*———-*———*———*———*———*
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは、
「守破離」の知識と経験値を併せ持つことを基本に
「関係性構築のネットビジネスを作るための仕組み」

「集客⇒販売⇒フォロー」=DRM。

⇒  http://goo.gl/2fTZsy
⇒  http://goo.gl/XDtVcz
*———-*———*———*———*———*

 

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存