『楽しい』仕事と仕事を『楽しむ』には努力が必要

言葉の印象が大きな違いになります。

 

あなたは、人生は「楽しい」と
人生を「楽しむ」ではどんな印象を受けますか。

 

「楽しい」と「楽しむ」この二つの言葉で
言葉の最後の「い」と「む」で終わる言葉が
単なる違いだけなのですが、
実はその言葉に違いはあります。

 

文法的には、「楽しい」は形容詞、「楽しむ」は動詞。

 

コピーライティングの時、言葉の最初のかかる部分と
最後の言葉がかかった部分の言葉の印象で行動の違いが
ランディングページの誘導につながってきます。

 

 

「楽しい」を単純に辞書をひくと、
『満足で愉快な気分である。快い。』
というような言葉が出てきます。

 

また、「楽しむ」を同様に調べてみると
『楽しく思う。期待をかけそれを喜ぶ』とあります。

 

「楽しい」というのは結果に対して、
どのように感じるかというような印象を受けます。

 

「楽しむ」というのは、結果に対する過程の中で、
どのようにそのことの様子を表しているかの
表現が良くわかります。

 

「楽しむ」には、「楽しい仕事」はもちろんの事、
「困難に感じる仕事」「イヤな仕事」「退屈な仕事」
「劣等感にさいなまれる仕事」等の「楽しくない仕事」
も含めて「楽しむ」工夫をしていく力が求められます。

 

仕事や人生などでいう「生きがい」と表現される部分も多分、
この「楽しむ」というところからきているのだと思います。

 

 

プロやオリンピックのメダリストたちのトップアスリート

の口から、『緊張感を楽しむ』という表現が良く聞かれます。

 

『緊張感』という言葉は、『プレッシャー』という表現も含め、
精神的にはストレスにつながる要素も少なくないのに、
あえて「楽しむ」という言葉が出てくるというのには、
自分自身との戦いがあるからなのだと思います。

 

 

 

自分自身が覚悟をもって自発的に取り組んでいかないと

いろいろな苦難を乗り越えられないということにも
つながっているのだと思います。

 

自分自身が覚悟を持って「これをやり遂げるんだ!」
という気持ちで自発的、能動的でも取り組んでいけば、
いろいろなアイディアも浮かんでくるし、
それを挑戦する気持ちのモチベーションが違ってきます。

 

この繰り返しが結果的に「楽しい」というものに、
つながってくるのです。
「楽しい」を思えることが、次々と広がって
くるものだと思います。

 

今、自分がある物事に夢中にしている人たちの眼差しをみると、
決して嫌々ではなく、まさに「楽しむ」という表情に
見えるのは、真摯に取り組むことで楽しく思えることが
普通の人よりも多くなっているからなのかもしれません。

 

仕事や趣味などで「生きがい」と表現される部分も多分、
この「楽しむ」というところからきているのだと思います。

 

 

「楽しい」と「楽しむ」での結果とプロセスの違いが、

挑戦する気持ちのモチベーションにも違いが出てきます。

 

今、目の前にある仕事をいかに「楽しく」する事ができるか。
これこそ最も重要な能力なのではないでしょうか。

 

当然、何も頭を働かせる事なく、「楽しく」はできない。
「楽しく」するための努力が必要になるのです。

 

孔子も、このような言葉を言っています。
「これを知る者は、これを好む者に如かず(しかず)。
知っているより、好きな人間が仕事ができる。
これを好む者は、これを楽しむ者に如かず(しかず)。」

 

好きな人間より、楽しむ人間が仕事ができるという意味です。

 

孔子も、「好き」と「楽しむ」を分けています。
孔子の時代から「楽しむ」重要性が述べられています。

 

*———-*———*———*———*———*
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは、
「守破離」の知識と経験値を併せ持つことを基本に
「関係性構築のネットビジネスを作るための仕組み」
⇒  http://goo.gl/XDtVcz

1日5分の作業で気絶する程100万円稼げる!?

⇒  http://goo.gl/J9gX6z
*———-*———*———*———*———*

 

 

■夢リタ塾塾長 柴野コンサルティングサービス

・ウェブのマーケティングの全てを学ぶことができ、注目度が高い

・販売者 :柴野 雅樹

・販売URL: http://yumerita.jp/school/three/consulting/allcart/

 

>> 夢リタ塾塾長 柴野コンサルティングサービス

 

 

 

 

 

保存

保存

保存