PDCAサイクルを回しての花粉症の仕組みと対策

雪が溶けて春が来る前に
もう一つ来るのが花粉のシーズンです。
私は「花粉症」ではないですがインフルエンザでもなく
普通の風邪でマスクを着用しています。

今からの時期主な花粉は「杉花粉」
植樹から30年過ぎて杉の子孫繁栄のため
花粉を飛ばして新しい芽を出して杉を増やす。

 

杉は子孫繁栄の危機意識の樹齢30年前に
スギ花粉は出ないそうです。

 

植樹した杉は30年くらいたったら間引きして
間隔密集した杉の木を伐採すればスギ花粉の
軽減と言われています。

 

 

伐採した杉の木を建築資材に回れば循環ができ

内需にも貢献すると思います。

 

国内の木材と輸入木材を見た場合は、コスト
の部分から輸入木材からの建築資材増えています。
国内の杉材の価格が競争できるようになり

 

国内に流通すれば、森林維持や間引きによっての
伐採した杉材で建築すればもっと良くなる
地方自体でも国内杉や檜を使って建築すれば
補助金も支給されます。

 

国内の杉材を伐採して植林すれば花粉症は軽減といわれ、
「環境にもよく医療費は減る」のですが
建築業界が輸入木材、主に横架材に米松が桁として
使われる。この傾向は益々広がっています。

 

価格もあまり変わらず、長持ちする国内の杉や松を桁使えば
いいのにと思っています。柱材に杉や檜材がつかわれます。
家の寿命は樹齢30年の木材を使えば30年持ちます。
樹齢50年の杉材などを伐採して唐して使用すると50年。
その間はメンテナンスは必要です。

 

日本気象協会によると、花粉量は前年の夏の天候に
左右されます。晴れの日が続き、花芽が育てば
花粉が増えるそうです。今年の花粉量は・・・。

 

いずれにしても今年の春先に花粉症は訪れます。
毎年のことですが、今から花粉症の準備をしましょう。
目標を立てて、仮説を立ててPDCAサイクルで
花粉症対策をしましょう。

 

 

*———-*———*———*———*———*
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは、
「守破離」の知識と経験値を併せ持つことを基本に
「関係性構築のネットビジネスを作るための仕組み」
⇒  http://goo.gl/J34XG2

1日5分の作業で気絶する程100万円稼げる!?

⇒  http://goo.gl/J9gX6z
*———-*———*———*———*———*

 

■夢リタ塾塾長 柴野コンサルティングサービス

・ウェブのマーケティングの全てを学ぶことができ、注目度が高い

・販売者 :柴野 雅樹

・販売URL: http://yumerita.jp/school/three/consulting/allcart/

>> 夢リタ塾塾長 柴野コンサルティングサービス

 

 

 

 

保存

保存

保存

保存