DRMの環境整備でやることやらないこと決める

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)を成功
する上で必要なことはやらないことも決めるのも
もっとも重要です。

人は窮地に立たされると異常にやる気が出る人と
その流れに巻き込まれてやる気がでず最悪の状況に。

 

逆境に強い人(精神的な強さ)は、ここで試されます。
想定外のことが起きたとき、初めて自分が試されます。
あなたもその準備が出来ていますか?

その人の精神的なタフさは、その前に事前の準備を備えて
整えているかどうかで決まってきます。
環境の「整理整頓」で整備することです。

環境整備はやることやらないことを決めることです。
困難なときに何をするかではなく、何をしないかが大事です。
何もしないことも重要です。

では、何を行って何をやらないかの整理整頓での
グループ分けが必要になります。

逆境に強く精神的に強い人が決してしない10のことです。
その10を箇条書きでまとめました。

 

1. 失敗にこだわらない
精神的にタフな人は、自分が何に気持ちを集中させているかによって、
自分の感情が左右されることを知っています。
失敗に固執せず、一方でその失敗を忘れることなく
頭の片隅にとどめておく。
そうすることで、将来の成功に向けて自分を変え、
適応させていくために役立てることができます。

2. ネガティブな人と付き合わない
感情的な悪循環に巻き込まれます。
必要なときには境界線を引いて一定の距離を保ち
巻き込まれないようにすることが大事です。

3. 自分を最後まで信じて疑わない
精神力の強い人には忍耐力があります。
失敗しても、疲れても、面白くないと思っても、諦めることはありません。
誰かに「絶対に無理だ」と言われても
それは他人の意見だと受け止めるのです。

4. どんなに相手悪くても謝罪を求めない
非を認めずに謝らない人のことも恨まずに許す。
そうすれば物事が円滑に進みます。
過去の恨み事や感情に拘る憎しみや怒りは
今の幸せや喜びを台無しにします。

5. 自分を悲観し哀れまない
精神力の強い人は、自分を哀れんだりしません
それは自分自身の力を放棄することになるからです。

6. 相手や自分を恨まない
他人を恨むことで生じる否定的な感情は、ストレス。
ストレスを抱え続けることは、自分の健康に害を及ぼします。
精神的に強い人は、自らストレスを抱え込むようなことはしません。

7. 信頼できるいい人でも悪影響も受けない
他人と自分を比較することで喜びや満足感が失われたとき、
自分自身の幸福を人の手に委ねたことになります。
自分の行動に前向きな感情を持っているときには
他人の意見や成功に影響されることはないのです。

8. 人のことに浅くも深くも介入しない
精神的に強い人は、他人を批判しません。
人の能力はそれぞれに異なることを知っているからです。
嫉妬することでエネルギーを浪費せず、
人を理解することにそのエネルギーを使います。

9. 決めたことを決めたルールで実行し、怠けない
コツコツ成功するまで努力を続けることを
精神的な強さを持つ人は知ってます。

10. 自分自身をコントロールし、絶対に「悲観しない」
精神的に強い人は、自分にはどうすることもできない
事柄に心を捉われたしません。

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)では、
セールスレターを読んで成功するためにいくつか壁があります。

・セールスレターを読んでもらえない。

・セールスレターを読んでも信じてもらえない。

・セールスレターを読んで行動してもらえない。

これらの壁を乗り越えてクリアするために
モチベーション高く維持し、そのための環境整備で
やることやらないことを決めて実行するだけです。

より具体的な内容はメルマガにて公開しています。
メルマガの登録をおすすめします。

→ >> DRMの環境整備でやることやらないこと決める