スマホのLINE@の進行スピードとは
桁違いに早いものがあります。
LINE@のベーシックよりは、プロと、LINE@ステップと、
法人などのLINE_WORKSの急速な普及が進んでいます。
それより、はるかに普及が早いのが「仮想通貨」。

「仮想通貨」の「ビットコイン」です。
そのスピードが凄まじい勢いで世界中を駆け回っています。
では「仮想通貨」とは、どんなイメージがあるでしょうか。

一般的な仮想通貨のイメージはどのように、
巷に伝わっているでしょうか。
仮想通貨としてイメージしやすいのは、
オンラインゲーム内の通貨です。

円やドルを支払って、ゲーム内で使われている
円やドル、ユーロなどの通貨を手に入れれば、
その国での地域でゲームができます。

今、巷に普及しつつある仮想通貨の「ビットコイン」。
ビットコインは誤解されているところが多いようです。
ビットコインは何らかの端末に円をチャージする
通貨というものではありませんし、電子マネーでも
ありません。

ビットコインを利用して商品を購入する際には、
まず手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に
両替しなくてはなりません。

ビットコインは、通貨です。
円やドルと違って仮想ではありますが、「通貨」です。
電子マネーは、貨幣を使わないで決済できるようにする
仕組みのことです。

仮想通貨=電子マネーではありません。
⇒仮想通貨≠電子マネー

電子マネーとビットコインの違いとは
仮想通貨と似たような概念として、
電子マネーというものが存在します。
この電子マネーとは大きく違います。

電子マネーは現在一般的に利用されている電子マネーは、
基本的にはその地域で使われている通貨を使って
電子的に決済します。
つまり、円は円で、ドルはドルで、ユーロはユーロで、
その国の地域の通貨で決済となります。

ビットコインを使うメリット
国家や企業が関与していないので、
例えば個人間の送金においては、
次のようなメリットが存在します。

1.個人間で文字通り「直接」送金できる
2.手数料が無料か格安
3.監視や制限が存在しない

1. 個人間で文字通り「直接」送金ができる
一般的な通貨で送金を行う際には、銀行などで窓口やATMを仲介する
必要があります。しかし、ビットコインの場合には、
個人間が直接支払うことができます。

2. 手数料が無料か格安
仲介する組織が存在しないので、基本的には手数料を払う
必要がありません。これは個人間の少額な支払いにおいては、
非常に重要な特徴です。銀行送金でも、クレジットカード支払いでも、
一定の手数料が存在します。ビットコインは、その最大のメリット
とも言える直接送金の仕組みのおかげで、
従来の手数料の概念を覆した決済を実現するのです。

3. 制限が存在しない
ビットコインでの決済は銀行を経由した決済では無いので、
煩わしい手続きや制限が存在しません。お金の流通が、
より自由に行えるようになります。
また国によって通貨の単位が異なるといった特徴もありませんので、
ビットコインを使えば、世界中で同じ通貨が利用できるという
メリットがあります。そのためにはもっとビットコインが広まって、
ビットコインでの支払いを受け付けるお店が増える必要がありますが、
いまでもすでにビットコインでの決済が可能なお店は世界中に存在します。

・ビットコインは財布や口座に保存されるか
ビットコインには、ウォレット(財布)という概念があります。
これは、円やドルの例で言えば、銀行口座にあたるものです。
個人間送金では、一般的には ID を短縮したコードを用いたり、
スマートフォンで読み取れる QR コードに変換したりして、
売買の代金などを交換します。

・ビットコインは誰が管理しているの?
ビットコインは、他の通貨と比較して何が決定的に違うのでしょうか。
最大の違いは、通貨を管理する「中央銀行」がどの国にも存在しない。
ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する
組織が存在しないのです。ビットコインは、国家や企業が運営している
仮想通貨ではありません。
この部分がデメリットとでも言えるところです。
扱いには注意が必要です。

・仮想通貨の運用で取り入れた国の実例では、
「仮想通貨」のスピードがもっとも速いのは
スウェーデン・ノルウェーです。
2020年までにキャッシュレス・エコノミーへの移行をします。
スペイン、イタリア、フランスでは、高額紙幣の流通を
禁止して現金での高額取引を禁止しています。

日本も東京オリンピックに合わせて
キャッシュレスに移行する準備を進めています。
西側先進国のほとんどが
「仮想通貨」への移行に着手しているのです。

この続きは
→ >> 「仮想通貨」のビットコイン詳細はこちらをクリック

 

 

 

 

保存