「土佐の空気は違うぜよ」
旅は人を成長させます。新潟よりの旅は
目的がないと高知県、土佐は遠いぜよ。
岩崎弥太郎氏の歴史に触れてみたく、
そう思えば遠くへ来たもんだと。

会社は長続きができないことは有名です。
会社を起業して5年存続する率は何%か?
それが10年か存続する会社は何%か?

公的データにも出ていますので
びっくりするぐらいの数字です。
日本での企業は260万社(国税庁調べ)
が存在します。

5年後企業として存続するのは15%未満と
言われています。
10年となればわずか約7%と。
企業の経営はすごく難しものがあります。
100年以上ともなればすごいものです。

土佐の生まれです。

坂本龍馬氏より1歳年上で郷土が同じ土佐藩
同じ領内で一見幼馴染と思いがちですが
実は出会いは土佐ではなく、出島の長崎の
グラバー園ではなく、漢学塾に通っていた
ころの出会いが始まり、岩崎弥太郎氏は
土佐商会の勤務の中、亀山社中からの
海援隊への改名ころに龍馬に出会う。

坂本龍馬は商才として認められた頃
経済力を必要として土佐藩を必要としていた。

坂本龍馬と知り合い、
そののち海援隊を援助するようになり、
親しい仲になったがその期間は約1年。

竜馬亡き後、土佐商会で実績を積み
商才を認められこと明治維新を迎え、
廃藩置県により、中央集権化に加速し、
九十九商会、三州商会、三菱商会をへて
三菱蒸汽船会社の初代社長に
「岩崎弥太郎氏」はなった。

明治政府にから信頼を得て大きく成長
しました。その中には西南戦争などの
軍事輸送などで業績を上げ財閥の基礎まで
成長した「岩崎弥太郎氏」です。

坂本竜馬氏と岩崎弥太郎氏との付き合いは
1年ではなくもっと長い環境下にあったと
土佐で知り合っていたイメージはあったが
実は、遠い長崎でしかもその期間は約1年間
と、事実は違っているかの印象を受けました。

三菱のマークは土佐藩、岩崎家の家紋が由来?
岩崎家が用いていた家紋は「重ね三階菱」
土佐山内家の家紋「三ツ柏」のコラボミックス
に由来するといわれています。会社をつないで
三菱財閥とつなぐ形になった。

土佐藩、今の高知県の記念碑と日本列島の石積み
見学してきました。坂本龍馬氏や岩崎弥太郎氏の
明治維新の生き様を垣間見て、夢で会ってきました。
地元の空気を吸って体験。

龍馬氏の「日本を今一度洗濯いたし申し候」は
姉の乙女に出した手紙の一節です。
幕末のと今では違いますが、今の世の中を
思い絵が得て争ったのでしょうか。

平和の今と昔の空気では違うのでしょうか。
「土佐の空気は違うぜよ」と坂本龍馬氏、
岩崎弥太郎氏は思っているでしょうか。

今の時代を予測していたでしょうか。
移動手段が船から自動車、鉄道、飛行機と。
手紙からメール、スマートフォン、LINE、
タブレットと通信手段と移動手段は
当時から彼らは予測できたでしょうか?
土佐ではなく、今の高知県の地に佇んで
そう思いました。

明治維新後西洋文化の影響受け、
カタカナ言葉が広く浸透し、
市場がマーケットとカタカナと
和製英語の言葉が混在するようになりました。

和製英語のような言葉とイメージします。
カタカナ言葉はイメージしにくいことが多いし、
勘違いされるケースが多い。
セールス、マーケティング、マネジメント、
コミュニケーションなどのカタカナ言葉は、
分かったような気になってしまう。

マーケティングでは原則
これはよく言われることです。緊急性が高くて、
需要が多くて、供給が少ないと。
マーケティングでは原則のような形で言われています。
「砂漠で水を売れ」と。

岩崎弥太郎氏は少なからず、坂本龍馬氏の影響は
多大なる影響を受けたことは間違いはないと
思いました。

>> マーケティング詳細はこちらをクリック

 

 

*———-*———*———*———*———*———*———*
ウェブ・セールスライターは副業から始める
優れたライターになるために必要なこととは?【特典付】

※メルマガ登録はこちらからです。
ゲートの先には新しいものを五感で体験してみは。
⇒ http://goo.gl/6b9483
*———-*———*———*———*———*———*———*