「週休3日制」の導入は本気のようです

「1日8時間、週に40時間」
つまり「週に5日働き、2日休む」
週休2日制を「週休3日制」導入されるか
歴史の視点から考えて見てみましょう。

週休2日制を最初に導入したのは、
米国の自動車メーカーのフォード社で、
1926年に導入しています。

フォード社の熟練工達は会社に愛着を持ち
定着率が高まったため、
職業訓練コストの低下、
生産性の向上という大きな効果を産みました。

フォード社は、従業員がお金を稼ぎ、
余暇の時間を持つことが消費を喚起し、
経済の発展につながると考えていました。
国内消費で内需拡大につなげたいものです。

実際、大量生産による低価格化とあいまって、
それまで富裕層のものだった自動車が、
一気に大衆車として普及しました。

「余暇を増やせばモノが売れる」という考えは
今年2月から始まった
プレミアムフライデー」も同じです。
しかし、「プレミアムフライデー」が広く
浸透していないせいか、
余暇が増えてもベースアップでの収入が
増えないということで、フォード社の
週休2日制の導入後の同じような効果を
求めるのは難しいと思われます。

日本では、
1965年松下電器産業(現パナソニック)が
週休2日制を導入したのが最初です。
「海外企業との競争に勝つには能率を
飛躍的に向上させなくてはいけない。
そのためには休日を週2日にし、
十分な休養で心身の疲労を回復する。
一方、文化生活を楽しむことが必要だ」
と松下幸之助氏は週休2日制を導入しました。

それから「週休2日制」が
日本全体に広がるのには、
30年程度掛かりました。

今から30年前の1987年に労働基準法が改正され、
「1日8時間、週48時間以内」から
「1日8時間、週40時間以内」に変わりました。

1.1989年銀行など金融機関が、
土曜日の窓口業務を中止しました。
2.1992年国家公務員も
完全週休2日となりました。
3.2002年度から公立学校に
週5日制が導入されました。
「土曜と日曜は休み」という意識が
浸透するには
この3つは大きいかったと思います。

昨年、ヤフージャパンが
「週休3日制」を導入する意向を発表し、
ユニクロを展開するファーストリテイリングは、
転勤のない「地域正社員」に対して
「1日10時間×週4日勤務」の
週休3日制を導入済みです。

技術の進歩で人間の働く時間は減るはずです。
インターネットの普及で
何日もかけてやっていたけれど、
今なら一瞬で済むという仕事は多いです。

しかし、時代とともにビジネスのスピードが速まり、
やるべき仕事がどんどん増え、
全く暇にはなっていない現実もあります。
コストもかかるし新しい技術に対する
心理的ハードルもあり、
「“できる”と“やる”は違う」になっています。

日本では
非正規雇用者の数が増加しています。
その人達は実質的に週休3日以上休んでいます。

人手不足の逆、高い失業率、
つまり、人が余っている状態を解消するのに、
ひとりひとりが働く時間や日数を少なくする
「前向きに仕事を減らす」という考え方です。

「日本人は働きすぎ」という批判を
受けて導入された週休2日制ですが、
それが定着した今、私たちはもう一歩、
仕事以外に使える時間を
増やす努力する時代に入ったのかもしれません。

それは収入面も同じで給与の収入以外の
副業の時代を意味します。
先ほど、「プレミアムフライデー」のところで
触れましたが余暇が増えても収入が増えないこと
フォード社の週休2日制の導入後の
同じような内需拡大の経済効果を
求めるのは難しいと思われます。

週休2日制の導入した3つの業種の
動向が注目されますが、国家の戦略や
時代の流れで、「週休3日」の流れは止まりません。
金融機関・国家公務員・公立学校の
この3つの業種「週休3日制」の導入で
一気に進むと予想されます。

「プレミアムフライデー」が浸透しないのも
「余暇を増やせばモノが売れる」という考えに
収入がプラスされないことの
ところに原因がありそうです。

日本の非正規雇用者と正規雇用者の
給与面や勤務スタイルが変わることも
「週休3日制」の導入に影響されると思います。

ウェブ・セールスライターは副業から始める【特典付】
⇒ >> http://goo.gl/6b9483