毎朝の食事は朝食抜きですか?

朝食抜きは1日の体調の維持するにも、
自分の体を健康に保つにも、
お仕事をする上で朝食抜きは
オススメはしません。

朝食を簡単に済ませたいと思い、
「コーヒーとパン」で簡単に済ませがち、

でも、

一日の食事の中でもっとも重要な朝食。

朝食を抜いてしまうとエネルギーが不足し
集中力が散漫になると言われています。

実は朝食に食べるタンパク質より、
炭水化物の割合が多すぎると
寛大な心が失われ、よりアグレッシブになる
可能性があるそうです。

朝食は集中力だけでなく
その人の行動や態度にも影響を与えます。
栄養バランスが私たちの判断能力に
影響を及ぼすのです。

低炭水化物ダイエットを実践する人は、
タンパク質を多く摂る傾向にあるため、
脳内ホルモンのドーパミンが
多く分泌すると言われ、
低炭水化物ダイエットを実践する
人たちの血液を調べたところ、
「ドーパミン」や
その原料となる「チロシン」の増加していて、
それによって寛大な心を持ちやすいそうです。
すなわち、
「痩せている人は寛大な判断をする可能性が高い」
というデータも公開されています。

毎日の朝、炭水化物を減らしてタンパク質、
特にお肉(豚肉、牛肉、鶏肉)をしっかり食べる。
積極的にいきたい勝負所の朝は、
炭水化物をしっかりとる。
それはいいみたいですよ。

105歳のDr.日野原さんも1週間に2回以上、
100グラム以上
のお肉を食べられていますから、
100グラム以上のお肉を食べることを
推奨しています。(ご冥福をお祈りいたします)

1日の食事の中でタンパク質を食べることを
お薦める人は少なくないです。
年齢にもよりますが、お肉を食べることは
大切な食事としている人が多いようです。

日本人はお肉は最近という方もいますが、
その前は、穀物、炭水化物が多いと
言われていますが、実は縄文時代より前は
狩りに行って、マンモスとかの「タンパク質」
を多く食べていた時代が長いことです。

時代にもよりますが江戸時代でも「お肉」を
別な呼び名で食べていたこともあります。
桜肉とか牡丹とか別名で聞いたことが
あるかと思います。

お肉は、明治時代以降とされていますが
江戸時代でもお肉は食べられていました。
江戸時代のお肉の別な呼び名の一例は、
馬肉=桜、猪肉=牡丹、
鶏肉=柏、鹿肉=紅葉

などです。

データ上、お肉を食べている方は、
野菜だけを食べている方に比べて、
ストレスに強いと言われています。
草食動物のようにストレスに弱い
傾向がないそうです。
毎日をビクビクした生活をしないためにも
毎日の食事に「お肉」を食べることは
大切なことかもしれません。

朝食はすごく大切です。1日の食事、
1週間の食事で「タンパク質と
炭水化物」のバランスを考えての摂取は、
自分の体と脳に影響を与えます。
特に、自分の脳には神秘の力を秘めています。
その為、食事はとても大切です。

仕事をする時の食事は大切なものです。
本の出版、売れるセールスレターを書くためには、
食事の取り方と相手の心理状態です。

心理です。
相手のことを深く知り、
どうすれば相手の心が動くのかを
理解しなければなりません。

さらにいえば、彼らが誰で、
何を求めていて、
どのようなことを考えていて、
どんな問題や不安を抱えていて、
あなたの売る商品はどんな解決策を提示できるかを
理解するということが必要です。

ウェブ・セールスライターは副業から始める【特典付】
⇒ >> http://goo.gl/6b9483

健康・美容・運動・食生活の見直し

⇒ >> http://goo.gl/LNidE1

 

 

 

保存

保存