時短と生産性を高める

会社での就業時間を短縮するためには
作業効率を高めるか
新しい効率的なシステム構築が必要です。

時短と生産性を高めることは
工場やサービス業、事務職などの職業の
労働時間での残業時間は上限45時間迄です。

労働基準法では1日8時間、
週に40時間を超える労働は原則として
認められていないのです。
1日の残業が3時間となれば残業時間の
45時間は超えることとなり、

残業時間が減ればそれに伴って
給与も減り、その穴埋めは
何ですればいいのでしょうか?

勤務している会社にもよりますが
“政府は「働き方改革」として正社員の
副業や兼業を後押しする方針を打ち出し。
2017年は厚労省「モデル就業規則」副業、
兼業禁止規定を「原則禁止」から
「原則容認」に転換する発表がありました。”

時短と生産性を高めるため情報を
コントロールとシステムです。
それが、情報を豊かさに変えるシステムです。
その一つがウェブ・セールスライターのスキルです。

ウェブ・セールスライター
(コピーライティング)は気軽に学ぼう!
ウェブ・セールスライターは、
コピーライティング力と仕組みで
集客に困らず稼ぐ集客の基礎編です。
ウェブ・セールスライターはシステム化しています。
時短と生産性を高めるため情報をシステム化は、
一つの項目だけでなく仕組みを作ることで
集客が可能になります。

よく、ビジネス書には、マーケット(市場)には、
「ライバルとお客様しか存在しません」と。

マーケティングで稼げる集客の力の基礎編。
スマホのLINE@の進行スピードとは
桁違いに早いものがあります。
LINE@は、LINE_WORKSより急速な普及が進んでいます。

SNS市場は変化しています。
SNSと言えば、「Twitter」「facebook」が主流でしたが
最近の主流は「LINE」です。
LINEといっても通常のiPhone、スマートフォンで
使っています「LINE」ではなく、ビジネス用の
「LINE@」(らいんあっと)です。

続きは⇒ >> http://goo.gl/2fTZsy

お得情報は、LINE@で。
お友だち追加は「@」付けてのID「@zjw9518w」です。
その他はURLをご利用ください
URL: >> http://goo.gl/xfGKUd