副業と兼業の違いは大きな違い。

なぜ、今さら兼業や副業をテーマに
働き方が2017年から変わったからです。
でも、体は1つ、時間も平等です。
「働き方改革」の有効活用方法です

働き方に「副業」と「兼業」があります。
一般的には、「副業」と言えば
小遣い稼ぎ的なイメージを持たれている
傾向があります。「副業」の定義として、
「本業を主体とし、本業よりも
低い労力で行う仕事」のことを意味します。

一方、「兼業」と言えば、
「兼業農家」的なイメージが先行します。
兼業農家は会社勤務しながら農業の仕事
収入を2つ持つことになります。

「兼業」とは、「本業の他に他の事業・
仕事を重ねて行うこと。
また、その事業や仕事」という意味です。
つまり、本業を2つ以上持つことです。

「副業」は片手間の仕事に対して、
「兼業」は本業を2つ持つことです。

本業が1つでも大変なのに2つ以上は
アルバイトの掛け持ちと同じような
ことに近いかもしれません。

昔から仕事で「兼業農家」や「兼業主婦」という
仕事があります。

兼業に対して「専業農家」「専業主婦」ということも
昔からある仕事です。

「専業農家」は農業を専業として
生計を立てている方です。
会社勤務は「専業会社員」とは言わず
「会社員」となります。

「兼業」は本業を2つ以上持つことは時間軸での
管理が必要になります。
自分の体は1つ。
時間の使い方が上手でないとできません。
「兼業農家」は春は田んぼを耕して水を引き込み
田んぼの土を水平に農機具ならして田植えをします。

秋は稲刈りをして乾燥してコメの籾殻状態にして
一定の基準の乾燥状態にしてJAや契約している
レストランやお寿司屋、料亭に出荷します。
ここで初めて契約が成立して収入を得ることになります。

ブランド米にランクアップすれば高値で売買できます。
会社員の年収分がここで得ることになります。
1人でダブル給与持つことが「兼業農家」の魅力。

この兼業を成立させるためには時間の使い方と
時短がポイントになります。
1週間のうち土日を農業、月~金曜日は会社勤務し、
時間調整をして本業を2つ以上こなします。
あくまでも個人的なイメージです。

「兼業主婦」の方は、会社仕事が終わった後、
自宅に帰ったあと主婦として旦那さんや子供のために
主婦業として仕事と同じくらい家事をこなします。
こちらも時間軸の調整が必要になります。
ただ、「副業主婦」といい方は無いようです。

時短と兼業の生産性を高めるためには
会社での就業時間と兼業の仕事の時間を短縮する。
そのためには、作業効率を高めるか
新しい効率的なシステムの構築が必要です。

時短と生産性を高めることは
会社での労働時間での残業時間は
上限45時間迄を活用することが
ポイントになります。

労働基準法では1日8時間、
週に40時間を超える労働は原則として
認められていないのです。
1日の残業が3時間となれば残業時間の
上限の45時間は超えることとなります。

勤務している会社にもよりますが
“政府は「働き方改革」として正社員の
副業や兼業を後押しする方針を打ち出し。
2017年は厚労省「モデル就業規則」副業、
兼業禁止規定を「原則禁止」から
「原則容認」に転換する発表がありました。”

「兼業」が政府より容認された以上、
時短と生産性を高めるためには「時間軸の調整」。

会社での就業規則として本業に影響を及ぼすとして
「副業禁止」としていますが政府の発表で
「働き方改革」の後押しもありますから
仕事の仕方が変わることになります。

正社員の場合はある程度年収は確保されますが
非正規社員は一般的には、契約社員やパートタイマー、
アルバイト、派遣社員のような勤務体系で、
正規社員と比べて短い時間で
働く社員をさすことが多いようです。

勤務体系により年収確保のために
政府は「働き方改革」として副業、
兼業禁止規定を「原則禁止」から
「原則容認」に転換することになりました。

続きは⇒ >> 続きはこちらをクリック

 

LINE@の登録は無料で登録は簡単にでします。
お友だち追加は「@」付けてのID「@zjw9518w」です。
その他はURLをご利用ください
URL: >> http://goo.gl/xfGKUd