【facebookのカバーデザインのWEBデザイン】

住宅の間取りを製図をするとき
CAD(キャド)で製図する方法と
手書きで製図する方法があります。
>> http://goo.gl/BiwZPE

見た目的にはどちらがいいかは
間取りプランの打ち合わせをしている
お客様によります。

CADが便利なのはその場で
ご要望を修正することができます。
手書きの場合は手作り感を味わうことが
でき、イメージを膨らますことができます。

CADで住宅を設計をする場合は、
数多くの図面を時間を区切って行えますが、
手書きプランは量産図面は書けません。
図面を書く場合の付加価値を付ける
ことができます。
手書きプランは設計料を高く設定することが
でいます。

CADの場合はフルバージョンの注文
設計や仕様を決める場合は「注文住宅」で
受けることができますが予算に合わせて
予め何パターンかのプランが決まっている
中からお選びしていただく「規格住宅」
受けることができます。

手書きプランの場合は、決まったプランは
なく、1からの打ち合わせを重ねる
フルバージョンオーダーの「注文住宅」のみが
ほとんどです。

注文住宅と規格住宅の単価は
大きな開きがあります。
注文者の満足とはそれぞれだと思います。

facebookカバーも予めデザインの仕方が
予め決まっていますが、キャッチコピーや
30人分のカバー画像をそれを
1つの画像にコラージュしました
規格的内容としてfacebookのカバー提案を
しています。

フルバージョンオーダーは
アイコンやヘッダー画像、自己紹介、
記事の投稿内容の画像の注文提案と
なります。

「facebookのカバー画像をデザインを作ります」
は規格的提案となります。
約30人分の写真を1つの画像にコラージュとして
まとめての提案になります。
詳しくはメルマガで公開しています。

規格の違いをメルマガで公開しています。
→ >> http://goo.gl/E6zXDV

これを機に交流をさせていただけると幸いです。