【LINE@認証での集客とレリーションとは】

LINEとLINE@についてと、
LINEの集客と、LINE@の集客が違います。

設計Webデザイナーのモリタです。
LP、HPを作成と提案し、
WEBシステムの構築を得意としています。

LINE@はスマートフォンが普及する
この時代に適した情報発信ツールです。
メールマガジンなどは開封されずに削除され、
到達率が下がっていることも増えてきました。

日常的なコミュニケーションツールとして、
多くの人に使われているLINEメッセージは、
手軽に発信できてお客様にも
読んでもらいやすいため、
販促ツールとして注目されています。

LINEは基本は1:1のトークが基本で
グループを作って見ることができます。
個別的に多くの人にメッセージや写真、
動画を送ることができません。

LINE@は1:複数の人に個別にメッセージが
送れます。

LINE@のメニューには3種類のメニューがあります。
・フリー:タイムライン(月4回迄)
・ベーシック:タイムライン(無制限)
・プロ(無制限)

メッセージの上限も種類によって違います。
・フリー:1000通迄/月
・ベーシック:5000通迄/月
・プロ:100,000通迄/月

アカウントはフォーマット決まっていますが
プレミアムIDを有料で作ることができます。
基本:@ + 3桁英字 + 4桁数字 + 1桁英字 (ランダム)
LINE@のアカウント開設時に上記の内容で自動発行、
ランダムで不連続な英数字の組み合わせとなります。

LINE@のメリット・デメリットがありますが
メリット部分が多いようです。

「気軽さ」「手軽さ」のメリットの反面、
「ブロックされやすい」「お客様に嫌われるリスク」
などのデメリットがあります。

デメリットの改善としては、
「読みづらい長文を送らない」
「ここぞ!のタイミングに的を絞った
メッセージ配信でユーザーメリットを訴求する」

ターゲット設定により、お店が有る方の
集客については、FacebookとLINE@にて、
広告費をかけないでの無料集客が可能になります。

「FB注目の写真やLINE@認証で悩んでいる方」で
解決を望んでいる方は、
こちらからお問い合わせください。
→ >> FB注目の写真やLINE@認証の申請で悩んでいる方

 

【LINE@認証済み申請と集客に困っている方へ】

LINE@認証アカウントの認証済みが、
Facebookでの誘導集客が、
LINE@ビジネスでの集客が、

「何でできないんだろう?」
悩んでいませんか。

設計Webデザイナーのモリタです。
LP、HPを作成と提案し、WEBシステムの構築を得意としています。

ちょっとしたコツで、簡単ですよ、
でも、
つまづいているポイントが、人それぞれ
違いますので、解決のやり方を教えます。

「LINE@認証アカウント作成で失敗している方へ」
認証申請として2回以上の申請して
つまずいて悩んでいる
方にわかりやすいワンポイント提供として
「やり方を教えますよ」と。

Facebookでの集客、LINE@での集客の他に
LINE@認証アカウント申請でつまずいて
いる方が多いことを知りました。

LINE@認証アカウント申請は経験上、
「2回目」で認証:可となりましたことで
提案できると思いました。

集客につきましても実績から
提案できるかと思います。

長年大手住宅メーカーに在籍し
成約という形成果を上げていました。
集客から契約締結まです。

どの業界も集客が優先されますが、
集客が先か、見込み客が先か、
と、
議論にはなりますが
ゴールは成約で同じです。

ゴール=目標
目的=手段

住宅メーカー時代は「集客」が契約より
優先でした。それは、スケジュール管理と
次の結果と年間目標の為です。

その為、住宅総合展示場での集客、
紹介活動がかなり重要ポイントが
高くなっていました。
大手住宅メーカーはほぼ全て、
集客に力をいれていました。
今もそうだと思います。

今現在はWebシステムの構築と
Webデザインをメインで行っています。
Web資料請求、無料相談などの
申し込みという「集客」が必要になります。

Webの作り方は半年単位で変わります。
今までは、無料レポート、
メルマガへの登録が昔は常識でしたが、

今は開封率が悪いとの事で
LINE@認証やインスタグラムなどが
主流になり、また、1年先が
どのような集客方法が主流か
変わりますが今は主流はFacebookや
LINE@です。

LINE@公式アカウントは
費用が200万円から1000万円が相場で
同じLINEでもLINE@承認アカウントは
申請は無料です。

ですが、認証済みの条件は公開されていません。
それを2回目でLINE@認証アカウントを
取得できました。

LINE@承認ビジネス事例は
LINE@公式ブログにも公開されています。
飲食店、ショッピング、小売店
通販サイト、美容・サロン、
旅行・エンタメ・レジャー
自動車・バイク・交通、
官公庁・公共、
銀行・保険・金融・不動産、
学校・教室、イベント・展示会
生活関連、ペット、

と、

LINE@公式、LINE@認証のビジネス事例が
沢山あります。

LINE@認証済み申請と集客に困っている方へ、

詳細については、個別にメッセージまたは
LINE@登録してお問合せしてください。
お店をエリアによっては集客に困っていないが
このエリアは集客ができていない場合もお問合せください。

>> LINE@認証アカウント作成コンサルとFB注目の写真