LINE@認証に必要な3つのポイント

新規の顧客を集めるのにないか良い方法がないかな
新規の顧客確保と販売促進が一度にできるツール
リピーターを囲い込む方法他の方法がないかな
LINEをビジネスに活用する方法とは
LINE@での気を付けなければいけない注意点

設計Webデザイナーのモリタヒロヨシです。
LP、HPを作成と提案し、WEBシステムの構築を
得意としています。
→ >> LINE@認証の必要な3つのポイント

 

LINE@内やWEB上に専用ホームページを作成し
SEO上検索エンジンに好かれ、LINE@が、
あなたのネット、リアルビジネスを後押しします。

LINE@認証に申請するとき何が必要か?
LINE@認証の申請の基準が厳しい!
人気のお店やネットビジネスは
ほぼLINE@認証を利用しています。

LINE@アカウントには3種類あります。
1.LINE@公式アカウント
2.LINE@認証アカウント
3.LINE@一般アカウント

LINE@公式アカウントの申請は費用が
高額なため一般的ではなく、企業向け
申請となります。
相場で、200万円~1000万円くらいです。

「LINE@認証アカウント」は
申請費用はかかりませんが、
申請基準が公開されていませんので
認証済みまで何回か申請が必要となります。

経験上、LINE@認証アカウント申請が「2回目」で
「認証:可」となり、また、Facebookを使っての
「無料集客」のことでもご提案をしています。

LINE@の特徴は、FBの拡散昨日はないが、
新規の顧客確保と販売促進が一度にできるツール。

LINE@を使えるツールとして、PC
スマホ、タブレットなどがあります。
スマホの登場はインターネット界の状況を
一変しました。

10年前にアップル社からスマートフォンの

スティーブン・ジョブズ氏が発表したiPhone登場
からパソコン業界からスマートフォン業界が
主流として形態が変わり始めました。

インターネット利用者数の推移も2015年4月時点で
PCとスマホ利用者数がPCを「100」とした場合、
スマホは約「95%」と迫っています。

PCからスマホやタブレットに仕事内容が変わっても、
デザイナーとしての仕事は今でもPCになります。
インターネット利用時間もPCが主流と思います。

1日あたりのネットの利用時間は約2倍が
スマホの利用時間になります。
スマホ環境が整いつつあります。

LINE@は新規の顧客確保と販売促進が
一度にできる便利なツールです。

LINE@認証の申請に必要なポイントは3つ
1.①アカウント名、②業種、③申し込みタイプ
2.メールアドレス
3.レンタルサーバー

LINE@の利用の特徴
・「1:1トーク」の活用
・クーポンの効果はチラシの約6倍
・Messaging APIを利用したLINE@とdodo Pointは連携可能
・販売促進に関するアンケート利用
・タイムラインの配信力の強力
・顧客の個人情報のセキュリティ

Facebookで告知を広く拡散し、
LINE@で新規の顧客確保と販売促進が特徴です。

*ステータスのFBカバー、FB注目の写真については
お問い合わせください。
適切なアドバイス出来ると思います。。

→ >> LINE@認証とWebコンサルとFBカバー期間限定を承ります