あなたは「スイーツ」はお好きですか?

西洋スイーツは今年で150年。
1868年明治元年から150年。
欧米文化からスイーツも渡って150年。
明治、大正、昭和、今の平成時代と
2019年の新しい「元号」が気になりますね

新潟で設計WEBデザイナーをしております
モリタ ヒロヨシです。
WEBコンサルを得意としていますが、
スイーツが大好きなスイーツ男子です。

明治以前の江戸時代は鎖国をしていました。
そのため植民地とされることなく伝統文化継承。

約270年の江戸時代は世界最高の最新情報と
教育高水準を維持したまま鎖国をして
植民地されずにすみました。
アジアで植民地化されていなのは、
日本とタイ、トルコでした。

鎖国時代でも長崎の出島を開港し、オランダから
世界の情報を入手して教育、政治、経済、議会を
世界のいいところをピックアップして
幕末には準備して備えていました。

日本は世界から信頼されていて大国と言われています。
江戸時代鎖国していたが、最新情報がありましたから
教育、政治、経済、議会などを世界の最先端から
明治元年には良いところを取り入れています。

明治の開国時には世界最高の最新情報を
活用して、法律はフランスやドイツから
鉄道は英国から取り入れて今に至っています。

食べるための食事も例外ではありません。
和菓子、洋菓子は上手く融合しています。
和服と洋服も同じです。
着るもの食べるものが明治元年から大正時代に
かけてかわりました。

明治から大正時代というのは、
鎖国と伝統的な日本の文化の中に、
明治元年以降に西洋の文化が流れ込み、
新たな文化が多数生まれた時代となりました。

多数の洋菓子が西洋から伝わり、
日本の菓子職人によって数々のレシピが考案された。

その中で「ショートケーキ」があります。
ケーキを見てもホールケーキから
ロールケーキ、ショートケーキ、パンケーキ

その他としてワッフル、クレープ、テラミス、
チーズケーキ、イチゴパフェ、チョコパフェ

ワッフルは、お洒落なスイーツのイメージがありますが、
なんと明治時代には既にレシピが存在してます。

ショートケーキは、ペコちゃんでお馴染みの
不二家が生み出したオリジナルのケーキ。

シュークリームは幕末から明治にフランス人が日本に伝え、
シュークリームとエクレアも同じ時期なります。

カスタードプリンは、明治の終から大正にかけて
販売されていたそうです。

チョコレートは明治時代には「千代古齢糖」という
名前で販売されていました。大正時代に森永製菓より
国産ミルクチョコレートを発売した。

ホットケーキは明治時代には「ハットケーキ」として
作られていました。
英語では「パンケーキ」(フライパンで焼くケーキ)
と呼び、アメリカでは厚めのパンケーキのことを
「ホットケーキ」と呼ぶのだが、
アメリカで主に食べられているのは「パンケーキ」。

スイーツを作る職人をお菓子職人と言いますが
別な言い方をすれば「パティシェ」と云います。
「パティシエ」 というフランス語は一般的に知られ、
フランスでは「パティシエ」は非常にステータスの
高い職業として認知されています。

チョコレートやキャラメルのロングセラー商品が
明治時代の終から大正時代かけて商品化され、
今あるのは有名な話ですが、
その他にも意外なものが明治・大正時代に商品化され、
すでに食べられていたことは驚きです。

来年の2019年の4月以降は新しい「元号」になります。
明治、大正、昭和、平成と、次の150年後は
そんなスイーツが出来ているでしょうか。
明治、大正時代のものがロングセラー商品となっているかも。

今はスイーツのホームページ(HP)や
ランディングページ(LP)作成代行しています。

綺麗なホームページは作りませんが
キーワード検索しやすく上位表示しやすい
HP、LP作りをしています。

スイーツのホームページ(HP)の
「まるごとお任せワードプレス」のお問い合わせは
→ >> 「まるごとお任せワードプレス」はこちら

 

 

集客は広告を使われていますか。

無料で集客できるとしたら興味はありますか。

facebookで「いいね」たくさん押してもらえる
方法があります。

「Facebookゼロ円集客いいね700」です。

企画内容につきましては、
個人オーナー様向けで集客が思うように増えない。
Web集客を誰に頼めばよいかわからないなどと

「Facebookゼロ円集客の秘密」は集客のお悩みから
解放されるかもしれませんね。

facebookで「いいね700」以上評価や
1ヶ月で5回の「超いいね」の評価を頂いたのも
良いストレスを上手く活用したからと考えています。

facebookで「いいね700」は
facebookで1ヶ月間で「超いいね」5回の評価
のやり方をまとめたものがあります。
それが、
「Facebookゼロ円集客いいね700」です。

→ >> 「Facebookゼロ円集客いいね700」の秘密はこちら