旅費規定を知ってるか知らないかで…

 


出張の度に小遣いが減るとは?
旅費や宿泊費の増加負担費用が経費で精算できない。
個人起業家、会社員、会社役員、オーナーが
今まで経費精算が認められて、
会社経営者も出張手当で節税し、
しかも、清算事務の簡略化することができ
時短をする結果になり、その時間を
短縮することで換算したら大きな効果が
出るなんって。

私も出張はそんな多くはないのですが、
宿泊のホテルも社員の役職で宿泊金額が
社内規程で決まっていますが、
宿泊費が10,000円で泊まれるホテルを
探したことがないですか。

宿泊費が1万円以上の場合は、出張手当で
穴埋めをしてくださいと言われたこと
ないですか。しかも非課税扱いって
知っていましたか。

出張の多い人や旅費の多い人は
「旅費規程活用マニュアル」の
「旅費規程2.0バージョン」です。
これを知ってるか知らないかで、税額がこんなにも
変わるなんて驚くと思います。
知らない中で後で知った時、後悔だけしか
残りませんでした。

それはどういうことですか?
「そう言っても、それを購入しても
たいして変わらないでしょう。
それを購入しても費用的効果はあるとは
思えないのですが…」

あと半年早く購入していれば、
85万の法人税が10万まで抑えられたと思います。
税理士に「今回の法人税は80万ですね」と言われて
目の球が転げ落ちそうになりました。
全然稼いでないのにとられると…。

私のような仕事だと、
軽く100万円は経費にすることが出来ました。
税理士の先生にも確認してもらってOKをもらい、
申告書類も準備しました。
知ってるか知らないかで、税額がこんなにも
変わるなんて本当にびっくりです。

>> 旅費規程活用2.0と出張手当で節税対策の体験を!