『一般大衆の逆張り、真逆に向かえ』

今日のテーマは、
「一般大衆の逆張り、真逆に向かえ」です。

どの世界でも本当の成功者は
トップ1%と言われていて、

100人中1人の割合」

で 凄く確率は低いです。

よく間違えるのが流行りやブーム、
多くの人がやる事にみんなつられてますが

100人中1人しか成功者はいない ので
多くの人とは違う方向 を向いてるんです。

だから
多くの人と真逆を向いてる人だけが成功します。

多くの人が

「左」に行けば「右」
「東」なら「西」
「これはダメだ」「これは良い」

と、多くの人と真逆を向かないといけません。

だから大抵、反対や批判を浴びる人
ほど成功確率が圧倒的に高いです。

ですから、

私は自分のアイデアを会社家族や友人に出した時、
反対者が多いかどうかで GOするかを決めています。

あまりこの事は家族や友人には言ってませんが。

「こんなアイデアどう?」と聞いて

「リスク高いですよ」「それはダメですよ」

こんな意見が多ければ多いほど
モチベーションが上がって

「上手くいくんじゃない?」

と思います。

統計的にも多くの人が反対してる方が上手くいきます。

あなたが起業しようとした時、
家族、恋人、親は反対してきます。

言い方悪いですが 「成功しない側」 の人達なので。

「企業は危ない、倒産したらどうするの?」

「騙されてるんじゃないの?」

「宗教入ってるんじゃないの?」

批判しようと思えばいくらでも批判できます。

「その人はあなたの理想ですか?」

おそらく違うと思います。

今後 アドバイスを聞く時 は、その人が
「理想の人か?」「尊敬できる人か?」
という 『基準』 を持ってほしいです。

身内であろうが、親友であろうが
その人があなたの理想の成功者でなければ
アドバイスは聞く必要がありません。

もし、あなたのメンターが
「それ、良いんじゃない」

と言ったら、100人中99人が
「いやダメだよ」と言っても成功確率が高いです。

成功者の枠に入るのはトップ10%なので
90%と99%の人と
同じやり方だと上手くいきません。

これから 多くの反対の壁 があると思いますが
その壁の向こうに成功があると
考えて決断を下してください。

今日のテーマは、
「一般大衆の逆張り、真逆に向かえ」 でした。

 

「プロのコピーライターがあなたの為に20記事執筆します」
>> プロのコピーライターがあなたの為に20記事執筆します