44歳今でも伝説となったスピーチを知っていますか

 

あなたは、一級建築士の資格を持ち、

最終学歴が尋常小学校で今でも高い支持率持つ
そして、今でも強烈な人気を持っています人物を、
その政治家をあなたはご存知ですか?

44歳で大蔵大臣に就任した時のスピーチは
今でも伝説になっています。
真似をする政治もいましたが・・・

学歴は立派な人はイッパイいますが
実績を積んだ人はいませんし、
未だにその実績を超える人はいません。

そのスピーチは、
当時44歳の田中角栄さんスピーチはこれです。

『私が田中角栄だ。尋常小学校高等科卒業である。
諸君は天下の秀才揃いであり、財政金融の専門家
ぞろいだ。

 

しかし、私は素人ながらトゲの多い門松を
たくさんくぐってきたので、いささか仕事の
コツを知っている。

 

一緒に仕事をするにはお互いを知る事が大切だ。

 

大臣室のドアはいつでも開けておくから、
誰でも大臣室に来てくれ。何でも言ってくれ。

 

上司の許可を得る必要はない。

 

出来る事はやる。できないことはやらない。
しかし、全ての責任はこのワシが負う。以上』

 

上司と部下で部下の責任を全て請け負う
ここまで言える政治家がいましょうか。

 

日本政府の借金が1,100兆円を超えています。
日本各地でインフラは老朽化しています。
新潟県も財政難です。

 

“この局面を田中角榮さんが生きていて現役なら
どう乗り切るでしょうか。
そして、どんな知恵をだすでしょうか。”

 

高速道路を作るために高速道路法、道路法、ガソリン税を
個人で議員立法を出して高速道路を建設する道筋を作り
建築基準法を作り、当時の東京タワーの高さ制限で

建築がストップした時、郵政大臣時代に、
「私がこの立法を作りました(建築基準法)東京タワーは建築物では
ないです。だから、建築基準法の高さ制限には当たりません。
東京タワーは広告塔です。」
工事が再開し、スカイツリーも同じ解釈で建設されました。

 

個人で議員立法を33法案を成立させ、
直接、間接的に携わって100法案を成立させた
政治家は見たこともないです。

ニュースとかで聞いたことの法律として
例えば、
聞いたり知ったりする法案もあるかもしれません。

建築士法、住宅金融公庫法、公営住宅法、ダム法、道路法、
高速道路法、新幹線整備法、地域開発法etc

田中角榮さんは一級建築士の資格を取得していますから
建築、土木には精通した人と伺えます。

 

議員立法を成立させるためには、
超人的な能力と関連法規を全て熟知し、
その上で新たな法律を作らなければならない。

 

田中角榮さんは尋常小学校高等科卒業ですが、
一級建築士の第1号は田中角榮さんです。

(一級建築士の第1号ではないようです。
一級建築士なのは間違いないです)

 

土木の設計をしてトンネルや道路設計を行っていました。
新潟市や長岡市の道路を車で通たことのある人は
わかりますが道路が違います。これは余談です。

 

関越自動車と建設するとき山の土を
本気で佐渡島との間を埋め立てに使おうと考えたそうです。

 

佐渡の人口も減らず、人の行き来は船を使わずに
車やバス、電車で行けると構想したそうです。

 

今、佐渡島は人口が減り、空き家問題が深刻です。
今年の冬は空き家の水道管が凍結により破裂し
冬でも深刻な水不足です。

 

もし、新潟市と佐渡島が埋め立てによって道路を作り
(一部は海底の地殻変動を考慮して橋を建設)
道路が繋がっていれば観光する人も多くなり、
空き家問題もこれほど深刻にならずに済みます。

 

田中角榮さんのスピーチや行動力のエピソードは

たくさんあります。最近、田中角栄さんの本が沢山

出版されています。今の政治に不満を持っている

現れかもしれません。責任を取らない政治家が

多い中で田中角榮さんのスピーチは強烈です。

 

 

『私が田中角栄だ。尋常小学校高等科卒業である。

諸君は天下の秀才揃いであり、財政金融の専門家

ぞろいだ。

 

しかし、私は素人ながらトゲの多い門松を

たくさんくぐってきたので、いささか仕事の

コツを知っている。

 

一緒に仕事をするにはお互いを知る事が大切だ。

 

大臣室のドアはいつでも開けておくから、

誰でも大臣室に来てくれ。何でも言ってくれ。

 

上司の許可を得る必要はない。

 

出来る事はやる。できないことはやらない。

しかし、全ての責任はこのワシが負う。以上』

 

 

これ以上強烈なことを言えるだけの自信を持っている人。

コンピュータ付きブルドーザーと言われた人物です。

 

 

多忙の方へ、4つのライバルで質の高い記事執筆します

1文字3円でコピーライティング申し受けます。長文、まずDMへ

4つのライバルを考慮して質の高い記事を執筆します。
顧客の検索意図に沿った質の高いコンテンツを執筆。

アフィリエイト記事も執筆します。(インフォトップで実績あります)
ココナラ記事執筆でも実績あります。

SEOの検索意図に沿った記事の場合、検索エンジンの
アリゴリズムの変化により上位表示が変化しますし、
当初、上位でも圏外の恐れもあります。

質の高い記事を執筆しますと信頼残高が増える傾向になります。
>> 多忙の方へ、4つのライバルで質の高い記事執筆します