サラリーマン受賞者が2人目となった

ノーベル化学賞の速報

モリタです

 


5Gの前に、「ノーベル化学賞」の速報で
ラグビーワールドカップのように湧き上がっています。

2002年(平成14年)島津製作所勤務の田中耕一さん
2019年旭化成に勤務してた吉野彰さん

サラリーマン出身のノーベル賞は2人目です。
同じ賞の「ノーベル化学賞」です。

リチウムイオン電池は現代社会では
今はなくてはならないものです。

「リチウムイオン電池」の小型化と高性能、
長時間寿命が可能になり、デバイスの小型化が
可能になった。

携帯電話からスマートフォン、薄型のノートパソコン、
タブレット端末、電気自動と。

今回3人の共同受賞になりました。
基本構造を考えた人、プラスの電極を考えた人、
マイナスの電極物質考えた吉野彰さんの
3人です。

「リチウムイオン電池」の進化により
車社会も変わると言われています。
「トヨタ」は自動車屋をやめますと宣言するぐらい
変わります。

 

それが「5G」です。

この時の「G」は重力の「Gravity」ではなく、
世代の「Generation」の「G」です。

代表的なものは携帯がわかりやすいと思います。
バブル時代に始まった携帯、「平野ノラ」さんが
コントで笑わしているショルダーフォンが
アナログ電波が1Gです。

分かりやすく箇条書きにしますと

1G・・・携帯電話(ショルダーフォン)
2G・・・携帯電話+メール機能
3G・・・携帯電話+メール機能+iモード、ezweb
4G・・・+動画+スマホ
5G・・・①高速大容量通信②超信頼・低遅延③多数同時接続

東京オリンピック2020年に日本では行われます。
5Gに対応する周辺サービスがまだ追いついていない
状況で2020年予定です。世界初のこだわる
アメリカと韓国は①~③まで整っていない状況での発表。

5Gがもたらす影響と効果
1.動画が変わりスマホも折りたたみになります。
2.仮想現実を画面をとうしての体験:VR/AR
3.グラウドゲーミング
4.自動運転がより進化
5.遠隔診療・遠隔手術が可能に
6.商品購入の仕方がかわる

 

 

5Gがもたらす影響が大きすぎる

IOT、クラウド、ブロックチェーン、AI

仮想通貨の暗号技術の進化の他に
「ブロックチェーン」の発明は今世紀最大級と
今のところ言われています。

「ブロックチェーン」は法律、既得権、理解の
障壁に阻まれていますので、それを解決しないと
普及しないと言われています。

GAFAの支配はその間続くと言われています。
いまこの記事を投稿しているfacebookも「GAFA」の
一つです。

何かを調べるときは検索エンジンを使います。
地図を見たりストリートビューで確認する便利な
Google Maps」

通販で物を買うときは何で買いますか?
飛行機は旅客機並に飛んで、船は定期便如く
世界を航行しています。工場は世界いたるところに
ある「Amazon」

スティーブ・ジョブズが一度創業した会社を追放され
業績悪化で返り咲いて立て直し、iPhoneで復活した
「Apple」社、iPhoneの生産はマイクロソフトの
Windowsの規模を上回る会社になったと言われています。

この4社の頭文字をとってガーファ「GAFA」と
言われ、表の支配者になっています。

5Gはこれから始まります。
乗り遅れないように、トレンドの先端に立ちましょう。
幸運が貴方を待っています。

B to B to X それともB to C to X?

「5Gの進化とブロックチェーンの発明」メルマガ の
ご登録はこちら
>> 「5Gの進化とブロックチェーンの発明」はこちらをクリック