京都清水寺では、恒例の季節になりました

モリタです、

 

12月5日となり、
発表が1週間後となりました。

今の時期、年末の京都は風情があります。
遥か昔は「都」しての歴史や文化が豊富です。
神社仏閣を観光する人は日本中だけではなく、
世界中から訪れます。

京都は観光立国とも言える地域です。

特に、テーマーパークもなくTDL/TDS並それ以上の
来客が観光として京都府がテーマーパーク以上の
魅力があります。神社仏閣、京料理とか。
秋の京都には魅力がたくさんあります。

特に京料理とか。
京料理はシンプルでその食材を活かし、
たくさんの個性を融合した料理です。
京都の料理は独創的で関西風とは、
別な風合いを持っています。

冬の京都料理は、健康的にも
ダイエット的にも好まれています。

京都は京料理と新しいものの発見とパンが有名。
それ以上に有名なものは神社仏閣です。
中でも、京都の「清水寺」は紅葉と、
今年の漢字一文字書きが有名です。

紅葉とは別に年末の清水寺だという
イメージが強すぎるから、
去年の漢字一筆書きは覚えていますか、
この漢字一筆書きはいつから始まったか。

今までの漢字一文字書きは何か。
その年の世相を一文字で表し、
状況を映し出しています。

歴代の漢字一文字。
・2018年は「災」
・2017年は「北」
・2016年は「金」
・2015年は「安」
・2014年は「税」
・2013年は「輪」
・2012年は「金」

と世相を映し出す一文字はその時を表します。
始まりは1995年の阪神淡路大震災の時から
清水寺の一文字が始まりました。

日本漢字能力検定協会が、その年をイメージする
漢字一字の公募を全国より行い、
最も応募数の多かった漢字一字を、
その年の世相を表す漢字として、
12月12日の「漢字の日」の午後に清水寺で住職より
和紙に漢字一文字を毛筆で書いて発表されます。

個人的には「第一生命保険のサラリーマン川柳」の方が
気になります。サラリーマン川柳も公募しています。

京都の清水寺の紅葉は世界でも有名ですが、
12月12日のサラリーマン川柳も気になるが
漢字一文字の発表が紅葉と並ぶぐらい気になります。

京都には神社が沢山ありますし秋の名称とみる
観光地は舞子さんだけでなく、芸子さんでもなく、
春夏秋冬楽しめる場所です。

京都のお寺は個性的と思いがち。
他ではやっていない個性があります。
清水寺では、年一度の12月12日の「漢字の日」に
漢字一文字は和紙に毛筆で書いて発表という名物に
なりました。

2018年の漢字一文字は「災」でした。
選ばれた理由として、
北海道・大阪・島根での地震、西日本豪雨、
大型台風到来、記録的猛暑など、
日本各地で起きた大規模な自然「災」害により、
多くの人が被災。

自助共助による防災・減災意識も高まった。

コインチェック社の仮想通貨流出、
スポーツ界でのパワハラ問題、
財務省決裁文書改ざん、大学不正入試問題などの
事件が発覚し、多くの人がこれらの出来事を
人災や「災」いと捉えた。

 

今年、2019年の漢字一文字は何でしょうか?
今年は自然災害や異常気象が多い年でした。
自然災害にも意識の「変」化があるかもしれません。

ラグビーW杯2019、日本代表は予選4連勝で
初のベスト8入りを果たし、自国開催の大会を盛り上げた。
そして、
2019年流行語大賞はラグビーW杯「ONE TEAM(ワンチーム)」
となりました。

 

 

コピーライターが貴方の為に1記事執筆 」の
メールマガジンをご案内します。

SNSに公開していないお得情報や旬な情報などを毎日配信しています。
読者のあなたにお得情報をお届けする無料メールマガジンです。
あなたのお悩みや問題解決するためのヒントになるかもしれません。

>> コピーライターが貴方の為に1記事執筆のメルマガはこちら