「彼女親と初対面でも上手な…」

モリタです。

彼女親を説得するプロセスが

なぜか

男性ではなく女性からでした。
女性から彼氏のために購入してもらいました。

その理由が、

彼氏のどうしても両親を説得してもらいたい事が

理由でした。

その内容は、4つのライバルからなる構成
内容になっています。

彼女の両親の心情を
脳科学、心理学、経験値からなる
内容からなります。

商品にフォーカスするか
その先にフォーカスするかです。

>> 彼女親と初対面でも上手な結婚承諾への伝授します

 

ある復刻版が有名なで紹介します。

昔、「藤田田さん」書かれた
「ユダヤの商法」という本が
復刻されました。

初版は購入して何度も読み返しました。

その本を購入してすぐ行動した人がいます。
当時、高校生でした。

その人の名は日本中の誰もが知っています。
当時、高校生のある方、今ではおそらく
日本代表する実業家の方です。

その行動は、藤田田さんの社長秘書宛に
「電話して「ユダヤの商法」に感動しました。
藤田さんが忙しいのはよく知っている、
顔を見るだけでいい。目も合わせない。
藤田さんに合わせて欲しい
決して話しかけたりしない。そのことを伝えて欲しいと」

伝言を頼み、何度目かに藤田田社長はその高校生の
熱に負けて会う許可を出しました。

その高校生の質問に
藤田さんは
「アメリアに留学するならでコンピューターを学びなさい」

その高校生はアメリカで必死に学び
帰ってきて日本に事業立ち上げました。

その企業名は「ソフトバンク」の創業者の社長です。
今や日本代表する大企業になっています。
その他にも何人も有名な社長が起業前に
「ユダヤの商法」を読んで参考にされ今でも実践しています。

藤田田さんも企業前に同じように
当時、とても有名に起業家にアポなしで
訪問した経緯があります。

同じように熱意を込めて面会を求め、
ようやく超有名な社長に会うことができました。
その社長は藤田さんに
「お金儲けだけを集中しなさい」と。

その後、藤田商店を起業して、
日本マクドナルドを創業し、トイザラスを
日本全国に広めた「平成の経営の神様」といわれ、
藤田さんが会うことがでいた社長はとても有名な
「経営の神様」と言われた人物です。

その経営の神様は同じ大阪で自転車を作っている
会社に入り、その後電気会社に転職し、
独立して電気会社として起業しました。

その「経営の神様」が成功したのは3つの要素
1.家が貧乏だから金持ちになりたいと思った
2.学歴がないから本をたくさん読んで知識を増やした
3.病気がちなので自分の代わり働く人を育てた

藤田田さんはその経験があるから
高校生に会うこと許可したのです。

藤田田さんの「ユダヤの商法」は
令和の現代にも通用する内容でした。

彼女の親御さん、目上の方に会うことは
とても緊張するものです。
それを解消する秘訣はいろいろあります。

 

彼女親と初対面でも上手な結婚承諾への伝授します 彼女の親御様に会う前に〇〇を丸暗記して、結婚を承諾してもらう