ついに新潟市も見えないあのコロナが来ました

モリタです、

安倍総理より今日、臨時休校の説明がありました。

 

新型コロナ感染が早い。
全国の小中学校は
臨時休校になりました。

親は大変だとお思います。
急な休暇や有給申請は受付
してくれるか?です。

新型コロナで情報がサクソウしています。
何が正しくて、何が間違っているかは
わかりません。

新型コロナウイルス(COVID-19)は
形が太陽のコロナ形状が似ているから
その名前が付いた。

今の時期はインフルエンザで
病院に行っている人が多いはずなのに。
今は新型コロナの報道のみです。

アメリカのインフルエンザが
すごいことになっているのに
日本では報道されていない。

ネットニュースに報道のみです。

新型コロナもインフルエンザも
自分の体の免疫機能を高める必要が
あります。

口に入れるもの、食べるもの
食べ合わせはすごく重要だと思います。

体の自浄作用が働いて免疫機能が
動きやすくするために体の体温を
上がることとウイルス退治することも
体温があることは自然治癒力のひとつと。

そのせいか赤外線サーモグラフィックが
通常の2倍の値段で販売されています。

B to B、C to Cの商談のキャンセルが
増えています。

人が人会う時に、
相手に安心してもらうために
「赤外線サーモグラフィック」が
使われているかもしれません。

予約が取れないお店やレストランへの
予約も安心してもらえるかもしれませんし
通常よりもリーズナブルに
なっているかもしれません。

人は良い時も悪い時も一緒にいると
「いいやつだな」と感謝されて
何年たっても忘れないものです。

 

景気が

不景気の周期は8~10年周期と
よく言われますが、ウイルスで景気が
悪くなることは予想していないと思います。

想定外と云われるかもしれません。
横浜港に到着したクルーズ船は
一人の人から感染が始まって
多くの人が感染しています。

ウイルとカビの関係では、
「湿度」の影響を受けています。

省エネ住宅を新築する時、気密性の高い
住宅が喜ばれます。
それは、電気代も安く、空気が綺麗だからです。

今の住宅は冷房、暖房とほとんどのエアコンで
居室内を温度と湿度を管理しています。

一昔、インフルエンザは冬しか発症しないと
言われていますが、
2019年の夏でもインフルエンザは
流行していました。

「ウイルスの進化です」

新しい環境に適応するためウイルスは
進化を繰り返します。

抗生物質を投与しても3~4年後には
効かない事もあります。

最初の抗生物質「ペニシリン」が良い例です。
抗生物質の攻撃パターンは一定で単純なもので
複雑な攻撃パターンが出来ないためです。

昔から食べている食べ物に天然抗生物質
あります。誰でも知っている食材です。
天然抗生物質は複雑な攻撃パターンを持っています。

ウイルスに話を戻します。
ウイルスの湿度の適応はまだのようです。
アメリカの専門機関の数値では、
湿度40%以下はウイルス系が活発になり
湿度60%以上になればカビ、ダニなどが
活発になると報告がありました。

快適な湿度管理は40~60%が理想
と言われています。
住宅では外断熱工法の住宅を
好む方が多いのも事実です。

計画換気が出来て湿度管理が出来るのは
換気システムと、断熱材の性能と
外断熱の工法によるものが多いのも
そのためです。

クルーズ船はエアコンなどの換気や
温度管理がされていたと思いますが
湿度管理が気になりました。

 

コロナの名前の付く商品の株価の変動

例えば「コロナビール」もそうです。
コロナビールは別な要因もあります。
ゴールドラッシュならぬグリーンラッシュで
失敗と言われています。

「コロナ」が商品名に付いているところは
新型コロナの影響で株価が影響で受けています。

逆に金相場が上昇しています。
ニューヨーク取引所では7年ぶりに
高値を付けています。

中国の武漢からの新型コロナが
全世界に影響を全てに与えています。

新型コロナだけでなく、
インフルエンザも流行しています。

昨年の2019年1月の1日に50人もの人が
亡くなっています
2020年のアメリカでは1万人以上が
インフルエンザに感染しての報道も
ネットニュースのみです。

新型コロナを「生物兵器」という
情報もサクソウしています。

感染経路に飛沫感染、接触感染
完成経路は色々とあります。

接触感染には電車の吊り革や
階段の手すり、ドアなどの取手。

意外と盲点かもしれませんが
小銭、お札などのお金も接触感染
お店に商品を買ってお釣りをもらうこと。

これは、昔から言われていることでもあります。

具体的には、感染症の専門家によると、
インフルエンザはマスクや服に付いた場合は
8~12時間生きるとされている。

更に、iPhone、スマートフォンのように
表面がツルツルしたものは1~2日長生き
すると指摘しています。

当然、新型コロナも同じですので、
咳やくしゃみをしたあと手で口を押さえたり、
マスクの表面や不特定多数の公共物の手すり、
取手、吊り革を触った後に手を洗わず
スマートフォンを操作する時は注意が必要。

人が無意識に行うことに目を付けることは
狙われやすいです。

 

「生物兵器」「陰謀論」は、

2003年の「SARS」、2012年の「MERS」の時も
同じようなことを言われていました。

今回は、2003年の「SARS」の経済に与える影響の
4倍の16%になっています。
2020年2月末時点の新型コロナの経済影響。

現在ネット上では過度な反応はしないように
デマ情報に惑わされないようにと、
感染症の専門家などが訴えています。

自分の身は自分で守らなくてはいけません。
自分の体の免疫機能を高めて、
栄養価のある食事を適度に食べる必要があります。
>> 「マインドセットがすべて」VC はこちらをクリック

 

ウイルスはある程度自分で防げます

2011年313の東日本大震災での放射能も
目には見えません。怖さも違います。

感染症は放射能とは違い病気です。
病気に注意をしつつ、
新しいビジネスを考えていましょう。

何年か過ぎるとこのようなビジネスが
密かに行われていましたとよくあるように。

景気も4倍悪くなっていますので
何かを考えて景気を上げる下支えが
必要かもしれません。

例えば、唾液でわかる検査キッド、
赤外線サーモグラフィック、
小銭、お札などのウイルス測定器、
シルバースプレーなどと、
アイデアは無限にあります。

今回、新潟市に新型コロナの
感染が確認されました。

自分の身は自分で守り、
栄養価のある食事を適度にとって
自分の体の免疫機能を高めて、
デマ情報に惑わされないようしましょう。
>> 「マインドセットがすべて」VC はこちらをクリック