堅苦しい文章になっていしまう場合の対処法

グルの販売術_新しい形のセールスレター2英語圏で主流になっている「着地ページ」で表現が 重要になってきます。

「カジュアル的な文書」と「ビジネス文章」紹介する内容によって

言葉の使い方が変わってきますが行き詰ってきますと

言い回しが変わってきます。

 

>> グルの販売術レビューはこちらをクリック

 

 

 

ビジネス文章みたいに堅苦しい言い回しをついやってしまうという方がいます。

難しい漢字を使った単語がいくつも出てきたり、敬語が丁寧すぎたり、

そういったことばの言い回しですね。

 

 

これはかなりもったいないです。 なぜかというと、

堅苦しい文章は読む側への負担が大きいからです。

 

内容を理解するために集中力が必要な文章だと、

どうしても読むのを 中断して画面を閉じてしまう方の割合が増えてしまいます。

 

 

ですので、文章を書くという意識ではなく、目の前の一人の相手を想定して、

しかもその相手に話すつもりで書く方が効果的に相手に伝わります。

普段、話すときに使っている脳の部位を使って書くわけです。

これは慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、

続けるうちにできるようになります。

 

 

「新しい形のセールスレター」の基本的に、話し言葉に近い文章ほど、

読む人への負担が小さいと思ってください。

 

難しい語句や、複雑な言い回しを避けて、シンプルに書いていくわけです。

その方が相手に伝わる率が高まります。

 

 

もし、どんな書き方をすればいいかイメージが掴めないようでしたら、

書店で実用書や雑誌などをいくつかピックアップするといいでしょう。

読み比べるうちに、「話し言葉に近い文章」を見つけることができると思います。

 

気に入った文体を真似してみるのも、上達の近道です。

この気に入った文体や文章を真似をすることは、

ランチェスター戦略の 強者の戦略の「ミート戦略」と同じことです。

グルの販売術_新しい形のセールスレター3

 

 

堅苦しい文章からの対処法

堅苦しい文章になってしまう場合は、

話すつもりで書くことが早道です。

 

このサイトは、中島拓道さんのグルの販売術_新しい形のセールスレターで

堅苦しい文書からの対処法レビュー!グルの販売術 – 英語圏で主流になっている

「着地ページ」の「新しい形のセールスレター」とは?

ランチェスター戦略での 強者の戦略ではミート戦略の

評価や検証などの情報を公開しています。

>> 堅苦しい文章からの対処法レビューはこちらをクリック

button6詳細はこちら