文章を書くのが遅い場合の苦手克服法

アンリミテッドアフィリエイト1あなたは、サイトやブログを書く時に時間を気にしていませんか?

ポイントを考えてはあれも書きたい、これもブログに盛り込みたいと。

昔、作文を書く時に色々と考えて筆が止まった記憶がありませんか?

当然ですが、時間は限られています。ブログ記事を1つ書くのに

何時間も使うわけにはいかないでしょう。 インターネットで情報発信するには、

一定のクォリティの 文章をできるだけ早く書くことが大事なのです。

>> コピーライティングはこちらをクリック

 

 

 

書くスピードを早めるために大事なのは、「考えながら書かないこと」、

そして「書きながら修正をしないこと」です。

「考える作業」と「書く作業」と「編集する作業」の3つを分離させる

といったほうが分かりやすいかもしれません。

 

 

スムーズに書けない時は、ほとんどの場合「筆が止まっている時間」が

原因ではないでしょうか? つまり、次に何を書けばいいかが決まらずに、

キーボードを叩く指が止まってしまう時間を減らす必要があるのです。

 

 

迷わずに一気に書くために、書く前に考える時間を作りましょう。

具体的には、 集めた情報を整理したり、自分なりの考えをまとめたり、

どういう流れで文章を 展開するかを決めておくわけです。

 

 

そして、ある程度考えがまとまったら、集中して一気に最後まで書き上げます。

もし途中でつまずくところがあったら、空白を入れてもいいです。

文章のつながりとか、日本語の言い回しに気になるところが

あっても気にせずに、 とりあえず最後まで書いてしまいます。

 

 

もちろん、これでは人に見せる文章にはなりませんので、

書き上がった後にまとめ て気になる箇所を修正していきます。

これが編集です。 このように「考える」「書く」「編集する」の

3ステップの作業に分けるように

すると、書くスピードが目に見えて早くなってくるはずです。

グルの販売術_新しい形のセールスレター3

 

 

文章をもっと早く書けるようになるコツ

文章をもっと早く書けるようになるには、「考える」「書く」「編集する」の

3ステップに分ける。

このサイトは、中島拓道さんのグルの販売術_新しい形のセールスレターの

文章を書くのが遅い時の苦手克服レビュー!グルの販売術 –

英語圏で主流になっている 「着地ページ」の「新しい形のセールスレター」とは?

ランチェスター戦略での 弱者の戦略ではユーザーの興味が

高いブログからの誘導など、局地戦のような戦略が必要。

>> 文章をもっと早く書けるレビューはこちらをクリック

button6詳細はこちら