さあ!書くゾウと気合を入れてキーボードの前でフリーズ

グルの販売術_新しい形のセールスレター2テーマーは何?コンテンツは?ターゲットは誰?マーケットはどこ?

と、考えれば考えるほど何を書けばいいのかわからないことがあります。

かと言いって、コピーした記事を書くという方法がありますが

集客の観点からは訪問者を増やすこともできないし、

爆発的販売数も 見込めないどうすればテーマ毎にかけるでしょうか?

>> コピーライティングはこちらをクリック

 

 

「書くネタが思いつきません」という方が時々います。ですが、

いざ書こうという段階でネタを探し始めるのは、そもそも遅すぎるのです。

あらじめストックしておいたネタ帳の中から「今回はこれで行こう!」

と選べるようにしておくべきだと思います。

 

 

そのために、ネタ帳を作っておいて、思いついた時にいつでもメモする

習慣をぜひ作ってみてください。起きている間は常にネタを探すことを

意識していると、妙なタイミングで思いついたりするものです。

 

 

例えば、散歩や、入浴などのリラックスしている時はアイデアを グルの販売術_新しい形のセールスレター3

思いつきやすいと言われています。全然別のテーマの本を読んでいる

時に思いつくなんてこともあります。

 

ですので、いつでもメモできるようにしておく必要があります。

メモしないとせっかく思いついたことを高確率で忘れ去ってしまうからです。

 

 

 

ネタ帳はあなたが使いやすいものなら何でもOKです。

小さめのノートでもいいですが、スマホのメモ帳アプリの方が

いつでも確実に持ち歩いているという方も多いかもしれません。

 

個人的には「Evernote」のように、スマホでメモした内容が

PCでもそのまま見れるツールがおすすめです。

 

 

何を書けばいいのかわからない場合は、ネタ帳を作って常に持ち歩く

このサイトは、中島拓道さんのグルの販売術_新しい形のセールスレターの

何を書けばいいのかわからないのヒントレビュー!グルの販売術 –

英語圏で主流になっている「着地ページ」の「新しい形のセールスレター」とは?

ランチェスター戦略での強者の戦略では2匹目のどうじょうの

コピーライティングの ミート戦略情報を公開しています。

>> 何を書けばいいのかわからない場合はこちら

button6詳細はこちら