10年ぶりに札幌のカニ市場にての戦術と戦略

マーケティングというと難しく考える人がいます。

今回、10年ぶりに同じお店に行きました。

そこで見る会社の存続と戦術と戦略の考察。

2016-03-15-12-45-49

 

 

 

さて、秋は食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋と、
夏に比べて秋の方が楽しみが増えるような気がします。

 

秋の哀愁に浸る気持ちではないのです。

 

FBを通じて楽しんでいる方が大変多いような感じがしました。

 

それは、ネットビジネスをしている方、

 

私、森ヒロのように新しい知識を探求する人と。

 

綺麗な風景写真を載せている人もいれば、

 

セミナーなど大勢の人と楽しくしている写真、

 

美味しいスイーツの写真やディナーの食事風景と

色々と楽しませてもらっています。

 

 

海外で楽しんでいる写真も数多くありました。
私も、少し前は、ハワイやグアム、シンガポール、
香港、台湾、韓国と日本周辺ですが海外旅行もしました。

 

 

ただ、新潟に住んで、佐渡島まで海を渡っていません(笑)

 

 

今回の写真は、北海道を渡り、道南の札幌のカニ市場に行ってきました。
その写真は、約10年前に一度行きましたが、その時と価格が違っていました。

 

「地元だから安いだろう」と、同じ市場に行きましたが、
価格は商売優先と価格が高くなっていました。

 

当然、広告費や人件費、海外のお客様対応の諸費用と
昔では考えられないことが起きていました。

 

カニの値札には、日本語と海外の案内と、
価格の表示は時代の流れと変わり、
10年前と今と同じ市場から市場を感じ取ることができました。

 

価格は、値引きするとその会社は長続きができないことは有名です。
会社を起業して5年存続する率は何%か?
それが10年か存続する会社は何%か?

 

 

公的データにも出ていますのでびっくりするぐらいの数字です。
日本での企業は260万社(国税庁調べ)が存在します。

 

 

5年後企業として存続するのは15%未満と言われています。
10年となればわずか約7%と。企業の経営はすごく難しものがあります。

 

 

ビジネス書を紐解くと、ノウハウがぎっしりあり、その中では、
会社の存続の為には、
“今と同じやり方でなく”、“今と同じ考えでなく”、
”今と同じ人でなく”絶えず変化をしていかなくてはならないと書いていました。
私もそう思います。

 

 

具体策として、

「毎日がマーケティングであったり、PDCAを活用したり、見える化」などで
問題をあぶり出し解決していくことが大切と。

 

 

「毎日がマーケティング」、市場にはどんな内容でしょうか。
どのような状態になっているのでしょうか。人口はこれから下降していきます。
マーケット(市場)も全体には大きくないのです。

 

よく、ビジネス書には、マーケット(市場)には、
「ライバルとお客様しか存在しません」と。
その為には、必要な戦略と戦術必要となります。

 

戦略は、強者の戦略と弱者の戦略があります。
エリアを絞って狭いエリアで戦う弱者の戦略で1位を狙う方法。
そうすればエリアを広げても勝てる要素が高くなります。

 

そのエリアにはシェア率があります。
拠点目標値の2.8%から市場全体に影響を与えるようになり、
シェア争いに有効な10.9%の影響目標値まで上げると安定的になり。

 

トップの地位に立つことができる強者の最低条件の26.1%と
ある程度になってから強者の戦略も可能となります。

 

企業が生き残るには大変なお金と叡智が必要になります。

 

そのことを10年前のカニ市場のお店から学ぶことができました。
また、ビジネスのネタも身近に落ちています。

 

チャンスは前髪しかないといわれます。通り過ぎて、
後ろ頭は坊主で髪の毛を掴むことができませんから、
チャンスはいつ訪れるかわかりませんので、
その為に備えて整えておく必要があります。

 

その為には、健康でなくてはなりません。
体が健康、心が健康、頭が健康でなくては、
正しい判断ができなくなります。

 

例えば、借金で追い詰められていては頭では正しい判断ができないように。
直ぐに行動したいが心が付いていかなければどうにもなりません。
病気で入院していれば行動に移すことができません。

 

健康でなければチャンスをつかむことができません。

 

そのためにもチャンスに備えて整えておくことが肝要と思います。

2016-03-15-12-48-51

北海道の札幌のカニ市場で、

10年ぶりのお店での感想に思いを巡らしました。

※BBCスマートフェイスは稼げるテンプレートとマーケティングの
メルマガの登録はこちらからです。1回目はワードプレスのプレゼントがあります。

 

 

 

 

保存

保存

保存

保存