マーケティングと伝統力強さとクロスセル戦略

日本の祭りに付きものは神輿や御しゃぎりがあります。

1年に一度、祭りの日は賑やか、自然に集まってきます。

そのため、露天商がたくさん来ます。

新潟では、「ぽっぽ焼き」があります。小麦粉と黒砂糖を混ぜて

専用のフライパン焼く、棒状の蒸しパン見たいな食べ物です。

機会があれば、必ず買う商品です。

祭りの神輿を担いだり、見たりしても露天は毎年見に行きます。

2015-10-16-12-07-55

 

不思議なことにここに学べるの重要な項目を二つを上げたい

と思います。とりあえずあえて二つ挙げたいと思います。

一つはマーケットですね。これ市場と呼ばれているものです。

 

 

二つはマーケティング。マーケティングっていうのはもの

すごく大きな言葉です。販売に関わる全てのことを

マーケティングっていうんですけれども、

そのマーケティングの中でもやはり優先順位、

ルールっていうのがあるんですね。

 

 

祭りは夏に多く行われます。露天で出されるお店も売上に

多く影響しますから多くの人が集まる。祭りに出店したいものです。

集客を多くしてくれる祭りの出し物が重要になります。

本当に順調に売り上げが上げられるというところがあります。

 

 

ほとんどの人がこのマーケットとマーケティングの

二つを何となく分かっていないままスタートしちゃって

うまくいかないというところがあるので、まずはここを

押さえてほしいなと思います。

 

 

これはよく言われることです。それは、「緊急性が高くて、

需要が多くて、供給が少ない」と。マーケティングでは原則の

ような形で言われています。つまり、「砂漠で水を売れ」と

これは分かっていてもなかなかそういう売れる商品のアイディアって

出ないのが通常だと思うんですね。

 

 

こういったマーケティングの書籍で読んでなるほどと。

緊急性が高くて、需要が多くて、供給が少ないと、

こんな商売ってあるのかなと。なかなか少ないんですね、

ただこれは頭に入れておくだけで、やはり違とおもいます。

 

 

祭りで神輿を担いで帰りには露天やコンビニによって

喉が渇いたからジュースを買う、小腹がすいたからドーナツや

露天で「ぽっぽ焼き」を買う。これって、ついで買いを促す手法を

「クロスセル」といいます。欲しい本命のものを買ったついで買い。

 

 

祭りの露天で「ぽっぽ焼き」、「鳥の唐揚げ」、「焼きそば」

「お好み焼き」と固定のお店で買えばもっと安く美味しいものが

買って食べられるのに、なぜか祭りという環境に居ると

価値観が麻痺するのか、なぜか、躊躇せず買ってしまう。

 

 

「ぽっぽ焼き」だけ買えばそれだけで済むが、コンビニも同じ。

コンビニでドーナツが販売しています。トーナツだけでは単価が

安いです。ドーナツとコーヒーと相乗効果を意識した販売方法が

「クロスセル」です。値引き無しでの商品を買ってもらいます。

 

 

クロスセルという戦略は、「テンション・リダクション」とうい

心理効果を応用しています。「テンション・リダクション」とは、

緊張状態が解消されることをいいます。

 

 

祭りなどで露天から購入する消費者、コンビニで必要なものを買おうとする

消費者は、緊張状態が解消された状態になると注意力が低下し、

商品・サービスを購入することに対する抵抗感が薄まります。

 

 

祭りで露天のお店を見て歩くと、「テンション・リダクション」の状態に

なりやすくなります。消費者に「テンション・リダクション」の状態に

なってもらうためには、環境と安くて手頃な商品・サービスでいいので、

商品を見込みで作っておく、マーケットを見込んで露天商が集まって

お神輿や御しゃぎりで人は、「テンション・リダクション」の状態に

なり、祭りでの「クロスセル」は可能になります。

 

 

コンビニでも、スーパーマーケットでも、百貨店でも「クロスセル」は

行われています。神社やお寺での夏祭りで賑わいの中でマーケティングの

「緊急性が高くて、需要が多くて、供給が少ない」環境になり、

人は、「テンション・リダクション」の状態になりついで買いが起きてしまう。

 

 

「あなたも経験ありませんか。」

 

 

「祭りで見た日本の美、マーケティングと伝統力強さとクロスセル戦略」

祭りで見た日本の美はお神輿や神社、お寺の周りは日常的ではないのです。

日本の祭りは何百年と伝統を受け継がれたものです。

露天の人たちは変わりますが販売する商品は同じもが多く販売されています

飴からポッポ焼きになり、鶏の唐揚げや焼きそばと時代によって変わりますが

お店自体は祭りがある限り、お客様は集まって商品は売れます。

 

 

「テンション・リダクション」は 人の心理をついたマーケティングテクニックです。

これを 応用して売り上げて利益を上げるついで買いの方法を「クロスセル」法。

これもマーケティングテクニックです。

日本の祭りは、伝統力強さとクロスセル戦略というマーケティングテクニックの融合です。

 

 

 

BBCスマートフェイスは稼げるテンプレートの無料プレゼントとマーケティングの
「緊急性が高くて、需要が多くて、供給が少ない」環境になり、
人は、「テンション・リダクション」の状態になりついで買いが起きてしまう。
あなたも経験ありませんか。1回目はワードプレスのプレゼントがあります。

 

 

 

保存