深夜のテレビショッピングを見ているとクロスセル戦略

%e3%82%a2%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%8b%e3%82%89テレビショッピング見とことありますよね。

テレビで商品の使い方や効果について説明しているのを見ているのと

勝手に想像して効果があったと妄想して欲しくなります。

「ただ、巻いただけ」とか腹筋が楽だとかと。

 

あれもこれもと見れば見るほどいいなと思います。

元衆議院員のあのテレビです。
「巻くだけで痩せた。」あのテレビです。

「今なら、このを30分以内に商品を購入したら商品とは別に

この商品をお付けします。」

 

どうです。欲しくなりませんか?

 

 

これには、マーケティングテクニックが2つくらいと時間の制約が

見え隠れしています。

「祭りで見た日本の美、マーケティングと伝統力強さ」

のところでご紹介しました。

あの「クロスセル戦略」と「テンション・リダクション」です。

今回はそこに時間という期限がつきました。

期限を付けることで、一定期間がお得情報となります。

 

 

テレビCMもマーケティングテクニックが散りばめられています。

おもしろいCM、タメになるCMと沢山あります。

CMのみ集めたCMの映画やランキング、日本、世界、米国、欧州と。

 

 

テレビショッピングも同じくらいあります。

ダイエット、地域限定の食材、新商品の紹介と市場の変化に

敏感な業界がテレビショピングです。

同じテレビショッピングでも、時期的に同じようなものを

テレビで紹介します。業界は同じでも会社は違います。

つまり、ライバル会社です。

 

 

テレビを見てもテレビショッピング側からは「ライバル」と

「お客様」がテレフォンショッピングの市場にしか存在しません。

テレビ業界は市場の変が早いと思います。

「おーい。待ってくれーと」言ってもの待ってはくれない。

それは、お客様が同じものばかりTVで放映していると飽きられて

しまい。そのテレビを見なくなります。

 

 

市場の変化に新しいものを紹介したり、「クロスセル戦略」や

「テンション・リダクション」のマーケティングテクニックの

戦術と戦略が必要になります。

 

 

 

クロスセル戦略は、「テンション・リダクション」とうい

心理効果を応用しています。「テンション・リダクション」とは、

緊張状態が解消されることをいいます。

 

テレビショッピングはテクニックと心理的なものをうまく融合しています。

 

 

心理効果と相乗効果を意識したテレビショッピングでの販売方法が

「クロスセル」です。本来の商品の他に、「コーヒーとドーナツ」

との関係のように特典のようについでに購入してもらうように、

商品をつけていますが値引きはしないで商品を買ってもらいます。

 

テレビショッピングでは心理効果と相乗効果を意識して

マーケティングテクニックをうまく活用しています。

欲しい人伝わる演出がTV側の目的です。

視聴率も気になりますが、関心を持ってもらえる技法が効果的です。

 

 

そして、ビジネスはタイミングっていうことですね。

これよく例に出されます。

業界事業にもライフサイクルって言われるものがあります。

これはもうちょっと細かく行くと、導入気と成長期と成熟期、

これ実は 3 つで分かれるんです、きれいに。

 

導入気から成長期の間が分かれば、成熟期までの期間っていうのが分かるので、

その辺はもうちょっと専門書を読んでもらえれば分かると思うんですけれども。

TVショッピングにはその商品の市場の状態でどの位置に投入すればいいのか

タイミング見て新しい商品を単に、元衆議院員のあのテレビで「巻くだけで痩せた。」

と、たまたま言っているだけではないのです。

 

 

 

あと、どのくらい続けられるかは、マーケティングテクニックで

モニターリングを行っていますから自然に切り替わるから気づかないと

思うくらいの切り替わりをしています。

それには、実はマーケットにはステージっていうものがあるんです。

それは、次回にしましょう。次回をお楽しみに。

 

 

 

 

BBCスマートフェイスは稼げるテンプレートの無料プレゼントとマーケティングの
「緊急性が高くて、需要が多くて、供給が少ない」環境になり、
人は、「テンション・リダクション」の状態になりついで買いが起きてしまう。
あなたも経験ありませんか。1回目はワードプレスのプレゼントがあります。