今のスマホのカメラの性能がいい。

%e3%82%a2%e3%83%95%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%88%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%93%e3%81%8b%e3%82%89ガラケイからスマホに機種変してカメラの撮影を

楽しいでいます。

今、フィルムカメラが密かなブームになり人気を集めています。

昔、フィルムメーカの製品のの「写るんです」が再燃しています。

カメラ店に行って、デジタルに変換して使用の需要が多く、

プリントサービスの様変わり。写真ではなくデジタルデータに

入れてくれるサービスに変わっている。USBメモリやCD,DVDの作成、

オリジナルカレンダーやスマホからプリントへとサービスが広がっています。

 

 

一方、一眼レフカメラは逆に中年以上の方に人気があり、

フィルム、デジタルと需要が多くなっています。

一眼レフカメラの講座が人気を集めています。

中年といっても50代,60代の人たちに人気が高まっています。

 

 

フィルムメーカといえば、カメラ専用のフィルムを作るメーカとして

認知していますが、今は、フィルムの技術が多方面に広がって

今では、フィルムの生産はピークに比べて比較にならないほど

縮小しています。

 

 

今や、化粧品や医療分野の製品が多くなっています。

関心のある方は、富士フィルムのホームページを見ると

様変わりして、これは、化粧品や医療製品のホームページ?と、

思うくらい変わっています。これは時代の変化

 

 

需要の変化はマーケティングの積み重ねから始まります。

マーケティングでは原則。マーケティングには原則があります。

これはよく言われることです。緊急性が高くて、需要が多くて、

供給が少ないと。マーケティングでは原則のような形で言われています。

つまり、「砂漠で水を売れ」と。

 

 

ただですね、これは分かっていてもなかなかそういう

需要のネタのアイディアって、

出ないのが通常だと思うんですね。私もそう思います。

こういった専門の書籍で読んで、「なるほど」と。

緊急性が高くて、需要が多くて、供給が少ないと、

こんな需要のネタってあるのかなと。

 

 

なかなか少ないんですけど、ただこれだけは知っておくだけで、

やはり違います。

これから、需要のネタを探すマーケティングを身につけたい

情報を知りたいと。どの分野をマーケティングして参入かで

ビジネスを考えている人は収入が変わってきます。

 

 

どのジャンルに参入するかで収入が決まります。

実は参入する前に、ほぼ自分の収入って決まっちゃっているってことなんです。

これを意外に忘れたまま、自分のアイディアでまず起業してみると。

やってしまうと結構痛手を食らう。いくらがんばってもさすがに難しいと

思います。

 

 

マーケティングの究極は、稼げる、稼げないマーケットの

見極め方にあると思います。

例えばネットビジネスで稼いでいる人で、すごく稼いでいる人が

いるかも知れませんけれども、実際はそのノウハウで、

情報販売で稼いでいる可能性ありますよね。

 

 

その事業内容を冷静に見て、何で稼いでいるのか。

その分野のトップはいくら稼いでいるのかっていうのを

まず知っておくといいと思います。

そこに、マーケティングの需要があります。

 

 

ビジネスはタイミングっていうことですね。

これよく例に出されます。事業にもライフサイクルって言われるものがあります。

これは動物でも一緒です。これはもうちょっと細かく行くと、

導入期と成長期と成熟期、これ実は 3 つで分かれるんです。

きれいに区別されます。

 

 

 

導入期から成長期の間が分かれば、成熟期までの期間っていうのが分かるので、

その辺は専門書を読んでもらえれば分かると思うんですけれども。

ただ、あんまり専門性に特化し、そちら側に行きすぎても、

実際の実企業では役立たないので、何を知っておかなきゃいけないのかというと、

どこで参入すべきかっていう話なんです。

やっぱり儲かっているマーケットに乗りこんで行って、

それがもう過渡期になっているのかと。

 

 

実はマーケットにはステージっていうものがあるんです。

例えば、携帯電話だと、昔の初期のバッグみたいな携帯電話です。

そのバッグみたいな携帯電話を懐かしいなと思う人もいるかもしれないんですけれど。

この時の携帯電話を見た時に、今や各世帯で1台、もしくは2台を全員おそらく

携帯電話持っているはずと思います。

 

 

けれども、そういった市場に育つのかっていうのがリスクだと思った人の方が、

ほとんどだと思うんです。そのくらい導入期っていうのは、

ものすごいリスクがあるんですよ。

これは、無理だろうと、ほとんど反対されます。

 

 

もしお金が無い起業家が行くんであれば、成長期に入った時に

やっぱり乗りこむべきなんですよね。

そうすると、一気に稼げると。 結果に結びつくんですね。

 

 

 

 

BBCスマートフェイスのマーケティングメルマガを始めました。
登録の特典としてワードプレスのテンプレートの無料でプレゼントしています。
マーケティングのステージでマーケティングのかけ方の違いと、
心理効果を用いた「テンション・リダクション」の状態になり、
クロスセルのついで買いが起きてしまうマーケティングのかけ方。
登録後の最初はワードプレスのテンプレートをプレゼントがあります。