新潟の海を見てふと、ディズニー・シーは15周年を思い出した

kif_0039ディズニーランドに通い始めては20年前からですが、最近は

めっきり少なくなってきました。理由は子供たちが大きくなったから。

最初は新潟駅から東京駅まで新幹線で行き、そこから電車で舞浜駅まで

お決まりのコースで行っていました。

最初に感じたのは時間に縛られる感じで、楽しめなかった。

電車時間の都合などで、「逆算の法則」ではないが電車の時刻に合わせて、

行動していましたが、最初の1回で電車でのディズニーは諦めました。

dsc_0023

 

 

翌年の2回目からは自動車の移動に変えました。

新潟ICから葛西ランプまでの自家用車の移動にかえました。

関越自動車道から大泉JCTから東京外環自動車道へ、三郷JCTから

首都高速中央環状線から首都高速湾岸線からの葛西ランプまでを

新潟ICから約4時間半、休憩を取ると多少前後します。

 

 

ディズニーリゾートでの泊まる宿は決まって当時は「東京ベイホテル東急」

2010年より「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」がお決まりの宿でした。

外観はピンクで中は大きな吹き抜けがあって、本当のリゾートホテルでした。

場所柄、手頃なお値段と、ネット予約ですとさらにお得。

毎年、個人でネット予約してのリゾートホテルが「東京ベイホテル東急」が

お決まりの宿。毎年の常連客のような感じでいいていました。

 

 

新潟の海を見てディズニーランド・シーを思い浮かべましたが、

シーのグランドオープンから今年は15周年と人気は衰えずいつ行っても

日本を代表するリゾートです。親子、夫婦、家族、友達、恋人、会社の旅行と

常に人気ベストテン場所です。何年行っても、毎年行っても飽きない場所です。

細かい計算と法則が見え隠れしています。

kif_0056

 

関西では、USJのハリーポッターが急成長して迫る勢いでいますが、トップ交代

まではいっていません。今だに老若男女楽しめる夢のテーマパーク・東京ディズニーリゾート。

一度行ったらわかると思いますが、9割を「また行きたい」という気持ちのさせ、

気持ちにさせるのはたくさんあるが、夢のテーマパークは気持ちだけではなく

行動に移させるくらいのる「夢のテーマパーク」でした。

 

 

「東京ディズニーリゾート」には、何かに秘密がありそうですね。

来園者にも従業員にも夢を与え続けるディズニーリゾートの「強さの秘密」あります。

決められたルールがそこにはありました。夢のテーマパークには賑やかで

華やか場所ですが、それには、ディズニーには厳格なブランド管理があります。

これは、半端なものではなく、その厳格さと頑なに守るのは他に類を見ません。

そして、来園者を飽きさせない仕組みがあります。

kif_0052

 

夢のテーマパーク・東京ディズニーリゾートに行くたびにアトラクションが

新しくなるのに築きます。そして、よく考えているなぁ~と思います。

マーケットとマーケティング、戦略と戦術が駆使されているのは伺え知れます。

新規アトラクションの開発には東京ディズニーリゾートでは徹底的に時間をかけて、

来園者のニーズをマーケティングして新しい施設を作り、

アトラクションやショーを全て体験するためには来園者は何度か足を運ぶ必要があります。

 

 

また、体験したことがないアトラクションを新たに生みだすことで、

また行きたいと思わせることで、来園者を飽きさせない仕組みが出来ています。

それは、なるほどとおもいます。キャストはただ存在ではなく、アトラクションが

新しいから人がリピーターになるとは限らない。もし、アトラクションが新しい

だけなら全国のテーマパークが来場者が増えるはず。だが、そうではない。

全国のテーマパークが来場者の減少で悩まれています。

来園者が増えているのは、大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の

ハリーポッターが来園者が以上に増えていました。そこも実際に体験しました。

2015-01-28-11-13-05

 

来園者を飽きさせない仕組みには、キャストが来園者の期待度10を超えるサービス12を

提供することにより、来園者はディズニーに来てよかったと思うようになります。

当然ながら、東京ディズニーリゾートはオリエンタルランドが運営している。

1983年3月東京ディズニーランドととして運営が開始されている。

今年で33年東京ディズニーランドの開園となります。1988年7月からは

オフィシャルホテルが次々とオープンしていきます。

その中の一つが常連宿の「東京ベイホテル東急」(1990年5月open)です。

2010年に東急との契約終了後に「東京ベイ舞浜ホテル クラブリゾート」。

東京ディズニーのオフィシャルホテルも9割を「また行きたい」

に惚れさせた夢のテーマパークに影響していますがそれだけではありません。

その秘密とは、東京ディズニーには「SCSE」という行動規準があります。

 

 

「SCSE」は、Safety(安全)、Courtesy(礼儀正しさ)、Show(ショー)、

Efficiency(効率)の頭文字をとったものです。

東京ディズニーリゾートのオリエンタルランドは、会社として大切にするべきことと

優先順位を表しています。

並びがそのまま優先順位を表しています。従業員満足が顧客満足につながることを理解し、

キャストを大事にする姿勢がディズニーの強さの源泉でしょうか。

それが、9割を「また行きたい」に惚れさせ、老若男女楽しめる夢のテーマパーク・

東京ディズニーリゾート。

来園者にもキャストにも夢を与え続けるディズニーリゾートの「強さの秘密」です。

 

 

 

 

BBCスマートフェイスのマーケティングメルマガを始めました。
登録の特典としてワードプレスのテンプレートの無料でプレゼントしています。
マーケティングのステージでマーケティングのかけ方の違いと、
心理効果を用いた「テンション・リダクション」の状態になり、
クロスセルのついで買いが起きてしまうマーケティングのかけ方。
登録後の最初はワードプレスのテンプレートをプレゼントがあります。