戦国武将の織田信長公は「マネジメント力」でも日本を変えた

戦国武将の経営術とはいかなるでしょうか。
>> 「マネジメント力」でも日本を変えた

%e7%b9%94%e7%94%b0%e4%bf%a1%e9%95%b7%e5%85%ac%e3%81%ae%e5%ae%89%e5%9c%9f%e5%9f%8e

 

 

織田信長公と言えば、「鳴かぬなら、殺してとしてしまえ、ほととぎす」を
思い浮かべると思います。単なる冷徹で気が短くて新しもの好きと
思う人も多いと思います。

 

 

その一面もありますが、それとは違う人間味があり、農業、土木工事、
町並み、商業、城作りを今でも通用する考え方で構築しています。

 

 

強者の戦略、弱者の戦略の考えをいち早く取り入れ、
情報を正確に誰よりも早く収集できるシステムを取り入れ、
局地戦と一点集中主義を用いて「桶狭間の合戦」で
少数ながら今川軍に勝ったことや

 

 

 

戦の考えも合理的で「戦闘力=武器効率×兵力数」を熟知して

軍隊の数が少なくとも鉄砲という武器を使うことで
戦闘力を上げることを知っていち早く合戦で実践しました。

 

 

織田信長が他の武将より段違いに優れていたのは単に合戦に強かった。
合戦に強いレベルのことでなく、情報の収集と判断力、先を読む力は、
その見識と行動力は単に総合レベルでの評価が高いだけではなく、
類稀なマネジメント能力の高さによります。

 

 

「桶狭間の合戦」以外はいつも敵より多くの軍勢でもって、
敵より長い三間半の長槍や最強といわれる武田の軍の騎馬軍団がいます。

 

 

その騎馬軍団を 封じ込めのために、長篠の戦いで初めて鉄砲などのより
強力な武器を用いて戦いに挑んでおり必勝の体制を整えています。

 

 

安土城の居城があった近江では、合戦など戦だけではなく、商いにも
力をいれたことでも有名です。今でも「近江商人」言われるようになったのは
織田信長公によるものです。

 

 

売れるものは何でも、鉄砲から日常生活まで商売のマネジメントと
システムが確立されていました。それは今でも通用する。
「集客⇒販売⇒フォロー」これはどの業種にも通用する内容です。

 

 

大阪や京都ではなく、織田信長公は近江の土地を選んで
安土城を居城したのは、関東と関西の中間地点と琵琶湖の近くで水が豊富。
商人のスキルアップにより「近江商人」も確立し、合戦や戦だけでなく
商売に関してもマネジメント能力の高さも伺えます。

 

 

マーケットとマーケティング、情報収集能力の高さと時代を読む先見性、
「集客⇒販売⇒フォロー」の近江でのマネジメント。
>> 集客⇒販売⇒フォロー

%e7%b9%94%e7%94%b0%e4%bf%a1%e9%95%b7%e5%85%ac%e3%81%ae%e5%ae%89%e5%9c%9f%e5%9f%8e%e5%85%a8%e6%99%af