【LINE@の毎日10人優良見込み客を集める】

FacebookとLINE@で毎日10人の優良見込み客
集め続ける、LINE集客の正しいやり方とか
あったら気になりますか。

設計Webデザイナーのモリタです。
LP、HPを作成と提案し、WEBシステムの構築を
得意としています。

一般的には見込み客を集める場合は、
「広告」を使います。
Facebook広告、Twitter広告、YouTube広告
オーソドックスなPPC、リスティング広告など
費用をかけて見込み客を集めることが
一般的です。

費用をかけないで毎日10人の優良見込客を
集め続ける、LINE集客の正しいやり方です。
作業は必要になります。

LINE@とFacebookとで行うやり方です。
やり方はYouTubeとLINE@も今の流れでしょうか。

LINE@で見込み客が集まらないのは問題があります。
問題、又は、お悩みでしょうか。

LINE@クーポンを試したが成果がほとんど
上がらなかった。

流行りのLINE@を導入したが、使い方が
いまいちよくわからない。

なんで、LINE@とFacebookでマーケティングが
必要かが分からない。
又は、マーケティングとマーケットの違いが
よくわからない。

LINE@とFacebookでの見込客が思ったほど
上がってこない。

LINE@の一般アカウント、認証アカウント、
公式アカウントの区別が分からない。

まだほかにもありますが、
このような悩みの中でFacebookの左端に
とりあえず検索ID:アカウント表示したり、
投稿記事やコメント欄にIDアカウントを
表示していますがいまいち優良見込む客が
集まらないことで悩んでいる方が
多いようです。

LINE@にはいくつかの機能があります。
必要な設定していないと反応がガタ落ちする
LINE@機能設定の仕方。

見込み客のストレスを取り払いスムーズに
LINE@読者を獲得する方法。

来てほしい見込み客だけにLINE登録して
もらえるFacebookタイムライン投稿。

そして、

優良見込み客を集めるに必要不可欠な、
ターゲットの反応が取れるSNS設定&デザイン、
Facebook、LINE@のカバー画像の作り方

今まで、話してこんな方が多くいらっしゃいました。

集客に困っているコーチの方、コンサルの方、
カウンセラーの方、セラピストの方、
ヒーラーの方が多くいらっしゃいました。

LINE@を使ってみたがあまり
使いこなせていない方、経営者の方、
1人社長の方、起業家の方です。

それでは、何から始めればよいでしょうか。
LINE@マーケティングを行っている人に
聞くのが早道です。

その他として、

Facebookもカバー画像を変えるとステータスに。
あとは、更新記事を興味を引く内容にすれば
よいと言われています。

LINE@もホームカバーを格好良く、
ステータスにして、ブロックのリスクを最小限にし、
そのためにもLINE@カバー画像をステータスにして
格好良くしてLINE@運営を円滑にして、
ホーム画像と各項目の画像を
ステータス画像に変えることで、
最初の取組みとしては成功したと思います。

→ >> LINE@毎日10人の優良見込み客を集め続ける

 

【LINE@とWebライフハックでデザインを明確化】

私は相手の頭の中にあるイメージを引き出す
Webデザインを得意としています。
LINE@は、3つが同時に出来るツールです。

Facebookは拡散機能に大変優れています。
ただ、上記の3つの機能はFBには付いていません。
以前書きました記事が現実になりつつ、それは、
#仕事を熟練工レベルまでスキルアップ
での関連がもう始まっています。

第四次産業革命の影響で、
大幅にリストラが始まっています。

「ゴールドマンサックスはトレーダーをAIに
変えて600名のトレーダーが解雇。
残ったのは、たったの2名になりました。
代わりに200人のエンジニアが仕事が増えました。」

Web関係のスキルアップは他人事では
なくなっています。

Webデザイナーの仕事は色の使い方、
Webコーディング(CSSとHTML)
レンタルサーバー、ドメインの取得、
ワードプレス、HTML版サイト、
ステップメール、LINE@
HPバナー画像、HPヘッダー画像
Facebookカバー画像など。
カラーパターンでのホームページや
ブログでの仕事の表現を色で表す。

レスポンシブ・ウェブデザインのサイトが
①スマートフォン ②タブレット ③PC の
3パターンとも表示される。

Webデザインではセンスを磨くに、
グラフィックデザインのセンスが必要と
思います。

Webデザイナーの中には意外にも
レイアウトデザインを経験してる人が
少ないため、グラフィックデザインを
知っていると差別化したWebデザイナーとなり、
グラフィックデザイン、レイアウトデザイン
を知っていると、クライアントとヒアリング
しているとWebイメージがぼんやりしているだけで、
そこを明確にすればWebデザインも確実に
良いものが出来ると思います。

LINE@は、3つが同時に出来るツールです。
LINE@ライフハック、その使い方には、
「新規顧客の確保」、「商品販売」、
「顧客のフォロー」ができる便利なツールです。

私は相手の頭の中にあるイメージを引き出す
設計Webデザイナーとして、LP、HPを作成と提案し、
WEBシステムの構築を得意としています。

WebデザインをSkypeまたはzoomで相談してもらう、
それだけでもかなり頭の中のイメージが
クリアになると思います。

Webデザイン含め、プログラミングを始めた人は、
WebデザインがどうやってWeb上に公開され、
どうやって人の目に触れるのか、
Webデザインを具体的に形にするかイメージできず、
いまいち見えなくてモヤモヤする人が多いように
感じました。

 

【LINE@一般をステータスにラックアップ】

LINE@へ誘導でもLINE@がステータスでなければ、
せっかく誘導して登録してもブロック、
または、取り消しの可能性があります。

登録してもらうにはいくつかの仕掛けが必要になります。
長く安定的にLINE@をいくつか運営するには
基準になるものを作らなければいけません。

この方法ですと2ヵ月500の登録は可能になります。
その為の条件としては、登録していただいたかに
公開しています。

今回は、LINE@一般アカウントです。
別にLINE@認証アカウントも運営しています。

Facebookもカバーを変えるとステータスになります。
後は、更新記事を興味を引く内容にすれば
よいと言われています。

LINE@もホームカバーを格好良く、
ステータスにして、ブロックのリスクを最小限にし、
そのためにもLINE@カバー画像をステータスにして
格好良くしてLINE@運営を円滑にして、
ホーム画像と各項目の画像を
ステータス画像に変えることで、
最初の取組みとしては成功したと思います。

 

【LINE@と他のSNSと情報伝達力とユーザー数の違い】

SNSを使って情報発信はすでに行っている方も多い
と思います。「フェスブック」「ツイッター」
「インスタグラム」と。

情報発信の高いSNSは当然いま人気のSNS、
1位:「LINE」(LINE@含む)
2位:「Twitter」
3位:「Facebook」

このことから情報発信として利用されています。
LINE@は、3つが同時に出来る販促ツールです。
LINE@ライフハック、その使い方には、
「新規顧客の確保」、「商品販売」、
「顧客のフォロー」ができる便利なツールです。
販促ツールとして他のSNSを既に利用している方、
店舗は多いと思います。

他のSNSと比べたLINE@の強みは、大きく2つあります。

・ユーザー数
・情報伝達力

日本国内で月間7,100万人(※2017年9月時点)以上
月間アクティブユーザー数が70%以上。
LINEのユーザー数は他のSNSに比べ圧倒的に多く、
そのユーザー層に対してアプローチできる
「ユーザー数」がLINE@の強みです。

他のSNSは、そのアプリやページを開かないと気づかない、
見過ごす情報もありますが、LINEではダイレクトに
情報をお届けできるのです。
こうした「情報伝達力」が他のSNSに比べ高いことが強み。

LINE@の役割は大きい。
顧客のフォロー、リピーター獲得、顧客ロイヤリティの
向上にLINE@を活用し、他のSNSでは情報拡散する
ケースが多いようです。リアルタイムに情報を伝達したい、
売上を上げたいという場合にLINE@を活用は必須となります。

LINE@の運用を進める中で、実際にどのくらいの効果が
出ているのか、検証したいという方も多いでしょう。
効果測定のためにGoogle アナリティクスを利用している
ケースは多いと思います。

URL生成ツールなどでパラメータを作成し、
まとめてLINE@経由の効果を計測することが可能。

LINE@限定のクーポンコードをメッセージで配信すれば、
そのクーポンコードの利用数がLINE@の効果と思います。

LINE@配信後、パラメータを付与したURLから
どれだけのセッションがあったのか、
Google アナリティクスで分析します。

・セッション数
・コンバージョン率
・目標完了数
・目標完了値

LINE@は、3つが同時に出来るツールです。
「新規顧客の確保」、「商品販売」、
「顧客のフォロー」ができる便利なツールです。

私はあなたの頭の中にあるイメージを引き出す
設計Webデザイナーとして、LP、HPを作成と提案し、
WEBシステムの構築を得意としています。

WebデザインをSkypeまたはzoomで相談してもらう、
それだけでもかなり頭の中のイメージが
クリアになると思います。

Webデザイン含め、プログラミングを始めた人は、
WebデザインがどうやってWeb上に公開され、
どうやって人の目に触れるのか、
Webデザインを具体的に形にするかイメージできず、
いまいち見えなくてモヤモヤする人が多いように
感じました。

LINE@の活用と認証での申請方法と、
私は相手の頭の中にあるイメージを
引き出すデザインを得意としています。
それでは詳細につきましては、
→ >> LINE@毎日10人の優良見込み客を集め続ける

 

 

ページの先頭へ