10年ぶりに札幌のカニ市場を旅行しました

マーケティングというと難しく考える人がいます。
今回、10年ぶりに同じお店に行きました。
そこで見る会社の存続と戦術と戦略の考察。

さて、食の宝庫の北海道。いつの季節もいい
四季を通じて楽しめる場所です。
冬は札幌の雪まつり、道東のカニ祭り
初夏は富良野のラベンダー、
秋は食欲の秋、哀愁に浸る気持ちではないのです。

ただ、10年前に毛蟹とメロンを現地から宅配を
頼んで送ってもらったら毎年、カタログの郵便と
電話の攻撃には参りました。
それだけ必死なのかもしれない。

今回、10年前に札幌に旅行に行きカニ市場の
市場を兼ねて楽しんできました。
SNSでの旅行の楽しさ伝わればいいと思いました。

10年前は、SNSはなかったが、
今回、「スティーブ・ジョブズ」の恩恵を受け
スマホやタブレットで現地を撮影をしています。

10年前は手に握り締めれば大きいガラケイとデジカメを
持参したが今回はスマートフォンとタブレットで
札幌、小樽へ新潟空港から新千歳空港から電車で
札幌駅まで車掌の窓から風景を楽しみました。

私、モリタのように札幌の食と新しい知識を探求する。
FBを通じてそれを楽しんでいる方が大変多いような感じがしました。
綺麗な風景写真を載せている人もいれば、
セミナーなど大勢の人と楽しくしている写真、
美味しいスイーツの写真やディナーの食事風景と
色々と楽しませてもらっています。

海外で楽しんでいる写真も数多くありました。
私も、少し前は、ハワイやグアム、シンガポール、
香港、台湾、韓国と日本周辺ですが海外旅行もしました。

ただ、新潟に住んで、佐渡島まで海を渡っていません(笑)
今回の写真は、北海道を渡り、
道南の札幌のカニ市場に行ってきました。
その写真は、約10年前に一度行きましたが、
その時と価格が違っていました。

「地元だから安いだろう」と、同じ市場に行きましたが、
価格は商売優先と価格が高くなっていました。

当然、広告費や人件費、海外のお客様対応の諸費用と
昔では考えられないことが起きていました。

カニの値札には、日本語と海外の案内と、
価格の表示は時代の流れと変わり、
10年前と今と同じ市場から市場を感じ取ることができました。

価格は、値引きするとその会社は長続きができないことは有名です。
会社を起業して5年存続する率は何%か?
それが10年か存続する会社は何%か?

公的データにも出ていますのでびっくりするぐらいの数字です。
日本での企業は260万社(国税庁調べ)が存在します。

5年後企業として存続するのは15%未満と言われています。
10年となればわずか約7%と。企業の経営は
すごく難しものがあります。

ビジネス書を紐解くと、ノウハウがぎっしりあり、その中では、
会社の存続の為には、
“今と同じやり方でなく”、“今と同じ考えでなく”、
”今と同じ人でなく”絶えず変化をしていかなくては
ならないと書いていました。
私もそう思います。

具体策として、
「毎日がマーケティングであったり、
PDCAを活用したり、見える化」などで
問題をあぶり出し解決していくことが大切と。

「毎日がマーケティング」、市場にはどんな内容でしょうか。
どのような状態になっているのでしょうか。
人口はこれから下降していきます。
マーケット(市場)も全体には大きくないのです。

よく、ビジネス書には、マーケット(市場)には、
「ライバルとお客様しか存在しません」と。
その為には、必要な戦略と戦術必要となります。

戦略は、強者の戦略と弱者の戦略があります。
エリアを絞って狭いエリアで戦う弱者の戦略で1位を狙う方法。
そうすればエリアを広げても勝てる要素が高くなります。

そのエリアにはシェア率があります。
拠点目標値の2.8%から市場全体に影響を与えるようになり、
シェア争いに有効な10.9%の影響目標値まで上げると安定的になり。

トップの地位に立つことができる強者の最低条件の26.1%と
ある程度になってから強者の戦略も可能となります。
企業が生き残るには大変なお金と叡智が必要になります。

そのことを10年前のカニ市場のお店から学ぶことができました。
また、ビジネスのネタも身近に落ちています。

チャンスは前髪しかないといわれます。通り過ぎて、
後ろ頭は坊主で髪の毛を掴むことができませんから、
チャンスはいつ訪れるかわかりませんので、
その為に備えて整えておく必要があります。

その為には、健康でなくてはなりません。
体が健康、心が健康、頭が健康でなくては、
正しい判断ができなくなります。

例えば、借金で追い詰められていては
頭では正しい判断ができないように。
直ぐに行動したいが心が付いていかなければどうにもなりません。
病気で入院していれば行動に移すことができません。

健康でなければチャンスをつかむことができません。
そのためにもチャンスに備えて整えておくことが肝要と思います。

北海道の札幌のカニ市場で、
食欲は人間の本質のことです。ですから食に
人々は群がり味わいと楽しみます。

同時に性欲も食欲と背中合わせとして男女とも好みます。
綺麗な女性にモテたい。付き合いたい。
仲良くなりたい。男なら男の逞しさを女性に伝えたい
ものです。そのためのススキノでもあり、
カニ市場の中で人間模様を見ながら、
10年ぶりのお店での感想に思いを巡らしました。
ネットビジネス特にSNSの市場の変化。

女性は
「サラダを食べる男性の体臭」
が好きと、

信じがたいが、世界で有名なオーストラリアの
医学誌より紹介されました。

普段から肉料理たくさん食べいると焼肉など
臭が洋服に焼肉の臭いが付きます。
肉料理は魅力的で、スタミナがついてパワーが付き
男らしさが維持できるから男は勝手に
思い込んでいました。

それとはまったく違う信じがたいことが
紹介されました。
それは「野菜とサラダ」です。

それは、男性の体臭が大きく違うところにあります。

野菜やサラダを食べると男性の体臭に変化と有効な
効果があるところです。

「女性は、サラダを食べる男性の体臭が大好き」と
言われていますが果たして本当だろうか?

本当であれば、100%に近い男はサラダを食べると思います。
よほどサラダを嫌いでなければ。

女性はなぜその男性の体臭をが好きなのか?
スポーツ、柔道や剣道、野球、ラグビーの汗臭さは
嫌われますが、何故かサラダ、野菜を食べると変わります。

サラダをたくさん食べる男性から発せられる
ある種の体臭は、
女性にとって魅力的に
感じられることがわかりました。

体臭は男女とも繁殖期に強くなり、異性の選択、
ひいては生物の進化に影響すると考えられています。
子孫繁栄は本能的な進化の過程なものだと感じます。

カロテノイドを豊富に含む食べ物が体臭に
どのような影響を与えるかを調べるため、
女性に男性の汗の臭いをかいでもらい、
魅力的と感じるかどうかを調べました。

※カロテノイドは、動植物が持つ、
自然界に存在する黄色や赤色の色素の総称で、
600種類以上存在するといわれています。
その結果、女性にとって、
普段からサラダやフルーツを
たくさん食べる男性の体臭の方が、
脂肪や肉類ばかりを食べる男性の体臭よりも
魅力的に感じられる
ことがわかりました。

肉類を食べている男性と
普段からサラダやフルーツを
たくさん食べる男性は優秀な子孫を残せると本能的に感じる
感じることが多いと思われます。

「これだけ違うカロテノイド含む野菜色男性と
肉食男性の体臭」野菜食の男性の体臭は・・・、

花の香りのようなフルーティーで健康的な臭いになるのに対し、
肉食に偏った男性の汗は、よりキツく、油臭さが感じ、
好ましくない臭いと感じられたそうです。

この結果から、求愛される側の女性は生殖行動に敏感で、
男性選びに臭いを判断材料にしていると結論しています。
※容姿は上位には入らないようです。

スキンシップ行為した時、肌が触れ合った時の匂いに敏感
女性が本能的に選んでいる気がしますのは、そのためです。
野菜などの食生活習慣の改善で
精子の質を高めよう。
生活習慣の改善は女性だけでなく、男性も体臭改善が必要。

同じ臭でも加齢臭とも違う、オヤジ臭も消せるか
どうかわかりませんが、女性にモテたい、
綺麗な女性と付き合いたいと思うなら、野菜やサラダを
たくさん食べて肉食は控えるとよいかも知れませんね。

世界の医学誌は、専門家も知らない情報を先取りして、
健康維持と女性にモテたいと思うなら医学誌は活用できると
思います。男性本来のオスの習性を極めたいものですね。

今回、オーストラリアの Macquarie大学の研究者らが、
生物進化に関する専門誌である
「Evolution and Human Behavior誌」に
報告されたものです。

論文タイトル:Diet quality and the attractiveness of male body odor.
科学誌名:Evolution and Human Behavior, online 20 August 2016
著者:Andrea Zuniga 他

出典:http://goo.gl/dyqUtv

マーケティングで稼げる集客の力の基礎編

スマホのLINE@の進行スピードとは
桁違いに早いものがあります。
LINE@のベーシックよりは、プロと、LINE@ステップと、
法人などのLINE_WORKSの急速な普及が進んでいます。
それより、はるかに普及が早いのが「仮想通貨」。

「仮想通貨」の「ビットコイン」です。
そのスピードが凄まじい勢いで世界中を駆け回っています。
では「仮想通貨」とは、どんなイメージがあるでしょうか。

一般的な仮想通貨のイメージはどのように、
巷に伝わっているでしょうか。
仮想通貨としてイメージしやすいのは、
オンラインゲーム内の通貨です。

円やドルを支払って、ゲーム内で使われている
円やドル、ユーロなどの通貨を手に入れれば、
その国での地域でゲームができます。

今、巷に普及しつつある仮想通貨の「ビットコイン」。
ビットコインは誤解されているところが多いようです。
ビットコインは何らかの端末に円をチャージする
通貨というものではありませんし、電子マネーでも
ありません。

ビットコインを利用して商品を購入する際には、
まず手持ちの円という通貨をビットコインという通貨に
両替しなくてはなりません。

ビットコインは、通貨です。
円やドルと違って仮想ではありますが、「通貨」です。
電子マネーは、貨幣を使わないで決済できるようにする
仕組みのことです。

仮想通貨=電子マネーではありません。
⇒仮想通貨≠電子マネー

電子マネーとビットコインの違いとは
仮想通貨と似たような概念として、
電子マネーというものが存在します。
この電子マネーとは大きく違います。

電子マネーは現在一般的に利用されている電子マネーは、
基本的にはその地域で使われている通貨を使って
電子的に決済します。
つまり、円は円で、ドルはドルで、ユーロはユーロで、
その国の地域の通貨で決済となります。

ビットコインを使うメリット
国家や企業が関与していないので、
例えば個人間の送金においては、
次のようなメリットが存在します。

1.個人間で文字通り「直接」送金できる
2.手数料が無料か格安
3.監視や制限が存在しない

・ビットコインは誰が管理しているの?
ビットコインは、他の通貨と比較して何が決定的に違うのでしょうか。
最大の違いは、通貨を管理する「中央銀行」がどの国にも存在しない。
ビットコインには、発行を司る組織や流通を管理する
組織が存在しないのです。ビットコインは、国家や企業が運営している
仮想通貨ではありません。
この部分がデメリットとでも言えるところです。
扱いには注意が必要です。

・仮想通貨の運用で取り入れた国の実例では、
「仮想通貨」のスピードがもっとも速いのは
スウェーデン・ノルウェーです。
2020年までにキャッシュレス・エコノミーへの移行をします。
スペイン、イタリア、フランスでは、高額紙幣の流通を
禁止して現金での高額取引を禁止しています。

・日本も東京オリンピックに合わせて
キャッシュレスに移行する準備を進めています。
西側先進国のほとんどが
「仮想通貨」への移行に着手しているのです。

コピーライティングのセールスライター
を身に付けるとWebの世界が変わってきます。

あなたが今まで疑問で思っていたことや
悩んでいたことが目から鱗が落ちるように
分かり解決してしまいます。

マーケティングで稼げて金に困らない集客の力の、
コピーライティングのセールスライターって

何でしょうか?

和製英語のような言葉とイメージします。
カタカナ言葉はイメージしにくいことが多いし、
勘違いされるケース
が多い。セールス、マーケティング、マネジメント、
コミュニケーションなどのカタカナ言葉は、
分かったような気になってしまう。

マーケティングでは原則
これはよく言われることです。緊急性が高くて、
需要が多くて、供給が少ないと。
マーケティングでは原則のような形で言われています。
「砂漠で水を売れ」と。

ただですね。
これは分かっていてもなかなかそういう
事業のアイディアって出ないのが通常だと思うんですね。
私も、こういった書籍で読んで、「なるほど」と。
緊急性が高くて、需要が多くて、供給が少ないと、
こんな事業ってあるのかなと。

なかなか少ないんですけど、
ただこれは頭に入れておくだけで、やはり違います。
頭に入れておく一つのものだと思っておいてください。

どのジャンルに参入するかで収入が決まる
どのジャンルに参入するかで収入が決まります。

実は参入する前に、
ほぼ自分の収入って決まっちゃっているってことなんです。
これを意外に忘れたまま、自分のアイディアでまず起業してみると。
やってしまうと結構痛手を食らうと。
いくらがんばってもさすがに難しいと。

稼げる、稼げないマーケットの見極め方
やはり 10 万円しか稼げないマーケットってありますよね。
100 万円稼げるマーケットありますし、
その中のほんの一握りだけが 1 憶いくかもしれないけれども、
良い線、行ったとして、1億円いけるのかというような
ところも考えてみるのも良いかもしれないです。

導入期から成長期の間が分かれば、
成熟期までの期間っていうのが分かるので、
その辺はもうちょっと専門書を読んでもらえれば
分かると思うんですけれども。

ただ、あんまり専門書側に行きすぎても、
実際の実企業では役立たないので、
ここでは、何を知っておかなきゃいけないのかというと、
どこで参入すべきかっていう話なんです。
やっぱり儲かっているマーケットに乗りこんで行って、
それがもう過渡期になっているのかと。

実はマーケティングにはステージがあります。
マーケティングのステージを分かりやすくお話すると、
例えば、導入期でマーケティングで、
何をやるかっていうと PR なんです。

その市場に商品が出ていない時にやる
マーケティング手法は、PPC広告。
リスティング広告とかじゃないんです。

「PR」 からは入らなきゃいけないです。
それがマーケティング(DRM)です。

また、そういうマーケットが出来上がってきたら、
その検索ワードで来るので、
PPC広告、リスティング広告とか、
いろんな広告が使ますよね。

マーケットの成熟度合いによって実は打ち手が
全く違うっていうことを知っておくと
マーケティングでの効果を発揮することができます。

マーケティングで稼げて金に困らない集客の力はいつでも、
どこでも、ネットの中で行われています。
場合によっては、実ビジネスでも行われます。

 

マーケティングで稼げて金に困らない集客の考察

SNS市場は変化しています。
SNSと言えば、「Twitter」「facebook」が主流でしたが
最近の主流は「LINE」です。

LINEといっても通常のiPhone、スマートフォンで
使っています「LINE」ではなく、ビジネス用の
「LINE@」(らいんあっと)です。

「LINE@」にステップメール機能が追加した
「LINEステップ」。

その他のLINEとしては「LINEWORKS」があります。
「LINEWORKS」はステップ機能がありませんが
顧客管理用のシステムです。

SNSの市場は変化しています。
LINE@には「フリー」「ベーシック」「プロ」と
それぞれ無料と有料のメニューが設定されています。
それぞれのメニュー有効な友だちの人数制限が
設定されています。

視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社では
16歳以上の男女で2015年6月に家庭のPC、スマートフォン、
タブレット、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)の
4つのデバイスのいずれかを通してのデータです。

スマートフォンからのインターネット利用者数は
2015年4月時点で4,832万人となり、
5,000万人に迫る規模に成長しています。

利用時間をみると、
2015年4月にはPCから1日あたり54分インターネットが利用され、
スマートフォンからは1日あたり1時間48分利用されています。

性年代別のスマートフォンからのインターネット利用時間では、
「29歳以下の女性」が最も利用時間が長く、
1日あたり2時間24分利用していました。
次いで「30代の女性」の利用時間が長く、
1時間52分となっていました。
全体では、女性が男性よりも長く利用する
傾向があることが分かります

※出典:視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社

ウェブ・セールスライターを副業から始めて、
マーケティング力で稼ぎ集客に困らず高収入を稼ぐ方法

ウェブ・セールスライターのマーケティングの市場も
変化しています。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)も同じように
変化しています。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は
そのノウハウややり方は
情報商材や物販販売、
アフリエイトとは少し違うと認識しています。

大枠のインターネットビジネスというくくりでは
同じかもしれませんか細かく突き詰めれば
少し違う認識と思います。
では、DRMとは?

DRMとは、何でしょうか?どんな意味でしょうか?
何かのDM(ダイレクトメール)でしょうと
思う方もいるかもしれません。

では、
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは、
何でしょう?単純に、
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の省略語です。
では、どんな意味でしょうか?

簡単にいえば、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は、
お客さんと信頼関係を築きながらビジネスをおこなう。

構築するための仕組みづくりです。

別な言い方をすれば、「関係性構築ビジネスを
作るための仕組み」です。

コピーライティングとのマーケットステージの考察
ワードプレスのテンプレートを使うことで
効果を高めることができます。
ソーシャルメディアミックスで
WordPressを再定義の検証!

確かに、アクセスアップには威力を発揮するのは
実感しています。


BBCスマートフェイス
WordPressのテンプレートを
使ったからといって、
フェイスブックなどで稼げるか?というと・・・。

もちろん、一部の人は稼げるとは思います。

WordPressサイトは究極のSNSです。
腰を据えてサイト記事を書くと爆発的に
アクセスを集めることができます。

ですが、フェイスブックの場合は時間がかかりますからね。
それを理解して、長い目で見ること納得のうえであれば、購入も
ありかな?と思います。
※今は一般的には販売はしていません。

また、フェイスブックを上手く使い倒す!
というのであれば、情報起業
などを目指している人などは、
このBBCスマートフェイスのテンプレは
いいかもしれませんね。
普通にランディングページ(LP)で稼ぎたい!

 

マーケティングで稼げて金に困らない集客の活用編

最近では、企業だけでなく個人のサラリーマンがリスクなく
副業からビジネスを始める手段としても、
ダイレクトレスポンスマーケティングが使われています。

もっと直接的な言い方をすると、
ダイレクトレスポンスマーケティングは、
あなたの働く時間を大幅に減らし、
あなたの収入を倍増させるほどの威力があるのです。

チャンスは皆に平等です。

しかし、そのチャンスを活かし、
行動するかどうかはあなた次第です。

なぜなら、同じ文章を読むのでも、
読み手の真剣さの度合いによって得られるものは
変わってきてしまうからです。

このダイレクトレスポンスマーケティング
で基本を身に付けたら、

何らかの行動を起こしてみてください。

その第一歩からすべてが変わり始めます。
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は、
マーケティングにはステージがあるように

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)は
いつでも、どこでも、ネットの中で行われる
ステージがありそれを実践レビュー。

個人的には、フェイスブックは、
こういうツールを使わなくても、
フェイスブックの機能だけを使っていても、
十分ユーザーさんとの信頼関係は作れる
BBCスマートフェイスは
便利な機能と思っています。

特典:ワードプレスと4大自動ツールのプレゼント

このプレゼントのワードプレステンプレートの
BBCスマートフェイスは近藤塾で検証され、
実践されているBBCスマートフェイス
というワードプレスです。

ランディングページ(LP)
最適のワードプレスです。

ダイレクトレスポンスマーケティングにはLPは必需品。
稼ぐためのテンプレートは手元に置きたいものです。

 

 

SNS、フェイスブックとスマホ、iPhone、タブレット、
iPadに対応しているワードプレステンプレートです。
また、レスポンシブWebデザインにも対応している
BBCスマートフェイスWordPressテンプレート!

BBCスマートフェイスはSEOに強い戦略的テンプレート!
SEOに強い戦略的テンプレートとは、検索エンジンの
上位表示に強いワードプレステンプレートです。

WordPressのテンプレートが差別化戦略
としては有効な方法となります。
BBCスマートフェイスという
WordPressを武器と持つことは有効となります

パンダアップデート・ペンギンアップデートで
悩むサイトオーナー必見SEOに強い戦略的テンプレート
というのがこのBBCスマートフェイスの特徴です。

同じワードプレスを使っても戦い方は違ってきます。
特に差別化戦略ではワードプレスが一般的に販売していません。

BBCスマートフェイスは希少価値のテンプレートです。
近藤塾のWordPressのテンプレートの
プレゼントはBBCスマートフェイス
WordPressは24,800円で
販売されているテンプレートです。

一部のユーザー向けにBBCスマートフェイスという
ワードプレスが公には販売されていません。

内容は、「フェイスブックとスマートフォン」
に対応したWordPressです。

4大自動ツールパッケージ
「ヤフーメールアドレスを半自動で取得するツール」
「ブログ一元管理ツール」「ファイルアップロードツール」
「トレンドキーワード自動抽出ツール」というアフィリエイト活動を
効果的に進めるための自動ツールです。
これは、現在16,800円で販売されているツールの一部ですが、
これも無償でお渡し致します。


※マーケティングで稼げて金に困らない集客の力のメルマガの登録は、
下記にお名前とメールアドレスを下記フォームにお書き入れ送信してください。
送信後、後ほどご記入しのメールアドレスにお届けします。

プレゼントの受取りと併せてこちらご記入ください。
プレゼント請求はこちら

 

 

テレビショッピングを見ていると、

テレビで商品説明を淡々と見て聞いていますと
最後のクロージングでの決めセリフが必ず出てきます。
「30分以内に電話で申し込み頂きますと、
商品の他にこちらの商品がセットで付きます」とか、
または、「商品をもう1点お付けします」とかの
特典販売が行われています。
これが、「クロスセル販売戦略」といいます。

「クロスセル戦略」が効果的に使われています。
購買意欲を掻き立てるように、深夜にテレビ番組に
行われるケースが多いようです。
「クロスセル戦略」行われる場合は、時間帯と
心理学を駆使して、ターゲット決めて特典の商品を
どのように付けるかシナリオ決めて販売します。
それが、「クロスセル戦略」の販売方法です。

あれもこれもと見れば見るほどいいなと思います。
あの「巻くだけで痩せた。」とか、
「腹筋のワンダー」は腰とお腹に負荷がかからず
簡単に腹筋ができ、効果的です。
ただし、時間帯は深夜に行われ、戦略的に日中は
放映されません。それも計算の上で行われて
います。

プラスαでさらに販売促進を仕掛ける仕組みが
「クロスセル戦略」の販売方法です。

「クロスセル戦略」はいろんな形で行われています。
ランディングページ(LP)でも行われています。
エッジをかけ、心理的誘導で行う場合でも
「クロスセル戦略」は行われます。

メリット、お得情報で購入心理に誘導する
「クロスセル戦略」と
「テンション・リダクション」
です。今回はそこに時間という期限がつきました。
期限を付けることで、一定期間がお得情報となります。

他の番組でも同じ仕組みを効果的に使っています。
このよう手法は海外の面白テレビショッピングも
同じくらい放映されています。
むしろ、海外の方が戦略的に販売方法が先進国です。

ダイエット、地域限定の食材、
新商品の紹介と市場の変化に
敏感な業界がテレビショピング手法で見ている人を
お得情報で集客をはかり契約者の運びます。

同じ商品をテレビショッピングでも、時期的
に同じようなものをテレビで紹介し販売をします。
業界は同じでも会社は違います。

つまり、ライバル会社です。

テレビを見てもテレビショッピング側からは
「ライバル」と「お客様」しか
テレフォンショッピングの
市場には存在しません。
テレビ業界の市場変化は早いと思います。

「おーい。待ってくれーと」言っても、
待ってはくれない。それは、お客様が
同じものばかりTVで放映していると、
飽きられてしまいます。

市場の変化に新しいものを紹介したり、
「クロスセル戦略」や
「テンション・リダクション」の
マーケティングテクニックの
戦術と戦略が必要になります。

クロスセル戦略は、
「テンション・リダクション」という
心理効果を応用しています。
「テンション・リダクション」とは、
緊張状態が解消されることをいいます。

テレビショッピングはテクニックと
心理的なものをうまく融合しています。
心理効果と相乗効果を意識した
テレビショッピングでの販売方法が
「クロスセル」です。

本来の商品の他に、「ご一緒にポテトはいかが!」
と「ハンバーガーとポテト」との
関係のように特典のようについでに
購入してもらうように、商品をつけていますが
値引きはしないで商品を買ってもらいます。

テレビショッピングでは心理効果と相乗効果を
意識して効果的にマーケティングに
うまく活用しています。

欲しい人に伝える演出手法が「クロスセル」
の目的です。視聴率も気になりますが、
関心を持ってもらえる演出法が必須条件です。

そして、ビジネスはタイミングって
いうことですね。これよく例に出されます。
業界にもライフサイクルって
いいうものがあります。

商品の認知度によってテレビショッピングの
紹介の仕方、やり方が変わります。
例えば、「ご一緒にポテトはいかがですか!」と。

これをもう少し細かく行くと、
その商品の認知度が
導入期と成長期と成熟期、
実は、商品紹介は 3つで分かれるんです、
きれいに。
導入期から成長期の間が分かれば、
成熟期までの期間っていうのが分かるので、

その所はもう少し専門書を読んで
もらえれば分かると思いますが。
TVショッピングにはその商品の市場の状態で
どの位置に投入すればいいのか。

深夜のあのタイミング見て新しい商品を単に
視聴者の脳裏にインプットするキャラクターして、
今やタレントしていますが元衆議院員のあの方が
あのテレビで「巻くだけで痩せた。」
と、たまたま言っているだけではないのです。

実は本題の商品紹介です。
あなたは自然に欲しく
なります。と、深層心理に打ったい掛ける。
コピーライティングが必要になります。

マーケティングステージによって
コピーライティングは変わりますし、
エッジのかけ方も変わります。

 

 

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

ページの先頭へ