旅費規定を知ってるか知らないかで、税額が…

出張の度小遣いが減るとは?
旅費や宿泊費の増加負担費用が経費で精算できない。
個人起業家、会社員、会社役員、オーナーが
今まで経費精算が認められて、
会社経営者出張手当節税し、
しかも、清算事務の簡略化することができ
時短をする結果になり、その時間を
短縮することで換算したら大きな効果が
出るなんって。

・出張手当で節税対策!
・清算事務の簡略化を実現
・近距離出張にも対応

私も出張はそんな多くはないのですが、
宿泊ホテル社員の役職で宿泊金額が
社内規程で決まっていますが、
宿泊費が10,000円で泊まれるホテルを
探したことがないですか。

宿泊費が1万円以上の場合は、出張手当で
穴埋めをしてくださいと言われたこと
ないですか。しかも非課税扱いって
知っていましたか。

出張の多い人や旅費の多い人は
「旅費規程活用マニュアル」
「旅費規程2.0バージョン」です。

これを知ってるか知らないかで、
税額がこんなにも
変わるなんて驚くと思います。
知らない中で後で知った時、後悔だけしか
残りませんでした。

それはどういうことですか?
「そう言っても、それを購入しても
たいして変わらないでしょう。
それを購入しても費用的効果はあるとは
思えないのですが…」

あと半年早く購入していれば、
85万の法人税が10万まで抑えられたと思います。
税理士に「今回の法人税80万ですね」と言われて
目の球が転げ落ちそうになりました。
全然稼いでないのにとられると…。

私のような仕事だと、
軽く100万円経費にすることが出来ました。
税理士の先生にも確認してもらってOKをもらい、
申告書類も準備しました。
知ってるか知らないかで、税額がこんなにも
変わるなんて本当にびっくりです。

出張の多い社長、取締役、管理職、社員も必見。
もし出張経費に、交通費、宿泊費の実費しか計上していなければ、
出張のたびに大変な損をしています。

どういうことでしょうか。

大企業、役所では当たり前に使われている出張手当、
いわゆる日当。

ある役所では、
近所の銀行や郵便局に行くのに日当を支払っていて、
問題になっていましたよね。

この日当、旅費規定として定めることで、
例えば、1回の東京⇔大阪出張で、
約5万円を余計に経費化することができるのです。
税金の支払いに悩んでいる会社役員、社員、個人事業主
一人オーナー、出張の多い業種の方は必見です。

旅費規程とは、出張時の交通費、宿泊費、出張手当(日当)の
取り扱いを定めた社内規程のことです。
旅費規程を活用することで、次のメリットが得られます。

(1)会社の法人税を減らすことができる

(2)個人の税金、社会保険料を減らすことができる

(3)旅費精算の手間を簡略化できる

税務調査で否認されないためには、きちんとした旅費規程を定め、
日々の正しい運用が不可欠です。
こちらのページで出張手当(日当)の相場を記載した雛形を販売しています。

 

■旅費規程活用商品説明
ある程度以上の規模の会社、 または役所では、
出張をすると交通費や宿泊費のほか、
出張手当(いわゆる日当)が支給されます。

これらの交通費、宿泊費、出張手当のことを旅費と呼びます。
旅費は所得税法上、非課税として定められており、
税金はかかりません。

しかもこの旅費は、所得税法上、
実費精算を求められていないため、
旅費規程で決められた金額を支給することが可能なのです。

これは事務が煩雑になるのを避けるためと言われていますが、
たいていの場合、 実費よりも高い金額が支給されることになります。

それは旅費規程では正規の運賃や宿泊費で規定するのに対し、
実際は各種の割引切符や安いビジネスホテルを
利用することもできるからです。

つまり旅費規程に基づいた支給がされていれば、
実際にかかった金額以上に支給し、
所得税は非課税とすることが認められているという、
節税という観点からすると、
とても使い勝手の良い方法なのです。

 

■旅費とは
ある程度以上の規模の会社、
または役所では、出張をすると交通費や宿泊費のほか、
出張手当(いわゆる日当)が支給されます。
これらの交通費、宿泊費、出張手当のことを旅費と呼びます。

 

■旅費規程の法的根拠
旅費規程にかかる法的根拠は、
国税庁の所得税基本通達9-3で、
非課税とされる旅費の範囲について通達されているのです

出張の目的、目的地、行路または期間の長短、
宿泊の要否、旅行者の職務内容及び地位等からみて、
その旅行に通常必要とされる費用を支給して構わない。
通常必要とされる費用かどうかの判定は、
社内の役職間のバランスと同規模の会社と比べ
高すぎないよう考慮すること。

 

■旅費規程活用マニュアル2.0の構成

例えば、一部の対応マニュアル

※税務署から電話が来た!応対マニュアル(PDF)1ページ

税務調査に伺いたいのですが?』
という電話があった時にあわてないための、
応対マニュアルです。

税務署(?)から電話があった!とあわててしまうと、
実はそれが都税事務所なのか、
市役所の税務課なのか、国の税務署なのか、
また税務調査の内容が法人税なのか
それとも社長個人の所得税、贈与税なのか等々、
確認しておくべきことを忘れてしまい、
対策が後手に回りいらぬ苦労をすることになります。

そこで税務署から電話があった時に、まずは深呼吸をして、
『あ、税務署ですかぁ、ちょっと待ってくださいねー』
とゆっくり言ってから、
この記入式のマニュアルを机の上に出しましょう。
そうすれば聞き漏らしがなく、
落ち着いて応対ができるでしょう。

 

■出張旅費規定を定めるメリット

▲法人税の節税効果
出張旅費規定を整備した上で日当を支給すると、
その金額は通常の給与と異なり、非課税所得として取り扱われます。
法人税を発生させずに会社から個人へ資金を動かすことができるため、
出張が多い会社であれば大きい節税効果を得ることができます。
一方で、出張旅費規定を作成していなければ、
出張日当は給与として扱われ、損金算入がされない
課税所得として扱われるため注意が必要です。

▲事務処理の簡略化
出張旅費規定を作成していない場合、交通費や宿泊費の補填は、
領収書に基づく実費精算が基本となります。
一方で出張旅費規定を作成すると、出張旅費規定において
定額支給によって補填する旨を定めれば、
領収書を確認して旅費を集計する手間を省くことができます。

 

■出張旅費規定を定めるデメリット

◆会社の支出が増える可能性
出張旅費規定を作成していない時点では、役員だけなど限定的に
出張日当を支給することが可能でしたが、出張旅費規定を作成すると
従業員全員に支給する必要が生まれます。
結果として規定を整備する以前と比較して、
会社全体の支出が増大する可能性が考えられます。

◆損金算入否認のリスク
出張旅費規定を作成することによる節税の効果に過大に依存し、
通常必要とされる金額より多くの額を出張旅費として
支給してしまうケースがあります。
税務調査において支給額が適正額より多いとが指摘された場合、
超過分が損金として算入されなくなり課税所得として扱われる上、
それ以上の支払いが求められることとなる
場合もあるため注意が必要です。

 

■お客様の体験談

・200万円近く経費化することができました!

著者・コンサルタント 男性 40代

勤め人だった時には出張手当をもらっていましたが、
独立してからはそんなことは思いもしませんでした。
マニュアルに載っていた方法をそのまま使って
1回目の決算が終わりましたが、
200万円近く経費化することができました。
たったこれだけの手間で200万円近くもの
キャッシュを残せたことに満足しています。

 

・このマニュアルには一式入っているので、そのまま流用できます!

自営業 男性

マニュアルを購入しました。
私は現在、税金対策のために自分の会社を作ろうとしています。
出張旅費による対策は視野に入っていましたが、
税務署と後々揉めないような旅費規程の策定、
帳票の準備等、煩雑な作業があると思っていました。
そんな折、このマニュアルに出会いました。
このマニュアルには、それらが一式入っているので、
そのまま流用できます。
私の時間を取って準備する手間が省けて大変助かりました。

 

・税理士の立場でマニュアルの内容と同じ様な形式で提供しています!

税理士 男性

旅費規程活用マニュアルを読ませていただきました。
大変良く考えられていると思います。
私も税理士の立場で顧問先に対してはマニュアルの内容と
同じ様な形式で提供しておりますが、
最近の調査においては国内、海外出張を問わず
日当の計算根拠についての質問がかなり
シビアになってきていると感じています。
その対応としては、やはり形式を
整えてゆく以外にはないと考えます。
これからもマニュアルを参考にさせていただき、
事案等を勘案し対処してゆきます。

 

・このマニュアルに出会えた事で、
自信を持って情報提供に行けると確信しました!

保険業 男性

私は中小企業開業医を中心に保険営業をやっているのですが、
経営者の方々になにか役に立つ情報はないかと日々探しておりました。
旅費規程については多少聞いた事はあったのですが、
聞く人により見解が違ったり、明確には答えられなかったりと、
情報の精度としては低かったと思います。
今回、こちらのマニュアルに出会えた事で、
自信を持って情報提供に行けると確信致しました。
実際に旅費規程を取り入れたいという方には、
こちらのサイトをおすすめしたいと思います。
今回はとても勉強になりました。
ありがとうございました。

 

■旅費規程活用で出張手当で節税対策

・旅費規程活用で出張手当で節税対策ができるんですか。

・旅費規程活用で出張手当で節税対策どのようにするんですか。

・旅費は所得税法上、非課税として税金はかからないって本当ですか。

・実際にかかった金額以上に支給し所得税は非課税として認められている。

・税務調査実績を元に出張の定義と日当の金額設定をしています。

・交通費、宿泊費を法人のクレジットカードで精算をしても可能でしょうか?

・新幹線グリーン車等の正規運賃で精算しながら、高速バス等を利用しても。

・宿泊代が高騰し設定金額を超えてしまった場合はどうすればよいでしょうか?

・クライアントとの会食費を交際費で精算して、さらに深夜日当を支給しても

・旅費規程の導入について顧問税理士に相談すると反対する理由とは

・旅費規程に関する税務リスクを判断する材料を持つことは難しい状況

・株主総会で旅費規程などの導入が決議された

・税務調査で指摘を受けたら

・この出張手当は認められませんので修正申告をしてください。

・修正申告をしない場合には更正処分をすることになります。

・修正申告と更正処分は、実際のところ何が違うのでしょうか。

・納税者自ら修正申告するように誘導するしか手がないということ。

・出張手当が問題になった裁決・判決をかなり探してくれたのですが

・修正申告と比べて更正処分が金銭的に大きく不利益になることはありません。

・知ってるか知らないかで、税額がこんなにも変わるなんて本当にびっくり

 

 

旅費規程活用マニュアル2.0を購入方法及び詳細

>> 旅費規程活用マニュアル2.0はこちらをクリック

 

 

 

 

ページの先頭へ