【Webライフハックのステップメールの選び方】

ステップメールの選び方についての検証

設計Webデザイナーのモリタです。
LP、HPを作成と提案し、WEBシステムの構築を得意としています。

ステップメールでの大きな目的は、ステップメールで
フォローメールを自動化する方法です。
フェイスブック、LINE@、インスタグラム、Twitterなどの
パワーSNSに関連性が高いメールスタンドという
つながり高いツールの使い方、種別によって
ステップメール使い方が違います。
その意味でのステップメール講座です。

ネットビジネスは、サイト、メルマガ、無料レポートと
全てはつながっています。ステップメールのどれを選択するか
によって効果の報酬が変わってきます。

どれを突き詰めるかは別としてパワーSNS、
サイト作成としては必要な内容になります。

ドメイン・レンタルサーバー・サイト設定の講座
レンタルサーバーの選び方によりますがメールスタンドは
関連性が高いものです。
ホームページ、サイトも関連性が高いものです。
検索エンジンに影響受けず、リスト(顧客)の数があれが
ネットビジネス、リアルビジネスが成り立つものです。

どんなに検索エンジンのアルゴリズムの変化、
パンダアップデイト、ペンギンアップデイト、
ハミングバードなどの言葉を耳にしたかと思ういます。
これかもいろんな動物の名前でのアップデイトが
あるかもしれません。

メールスタンドのメール関連は選び方によります。
ステップメール、一斉送信メール、メルマガとメールスタンドの
使い方によっては選び方がかわりました。
有料メールスタンドは、メール商人、アスメル、オートビズ、
コンビーズメールと主だったところがあります。
無料の代表はまぐまぐなどがあります。

 

 

■今回は、有料メールスタンドについての内容

この有料スタンドは、購入時は1万円~2万円以内で、月額の課金が
3千~1万円程度かかるものです。この幅はアドレスの数に寄ります。
有料メール配信サービスは沢山ありますが、ここに挙げた内容は、
機能的に優れた内容ものです。

それぞれの特徴によって使い分けによって機能が発揮できます。
その一つがステップメールや一斉送信メール、メルマガです。
主にブログやサイト内にリンクを設定してクリックされて
入力フォームに必要事項を記入して送信してリスト回収する機能と
クリック状況の測定できる高機能などの違いがわかります。

具体的には、メール商人、アスメル、オートビズ、コンビーズメールと
各内容についての使い方です。
このメールスタンドは有望で効果的なメールスタンドです。
その他にも、メル配くん、オレンジやレンタルサーバー内に置くものも
ありますが、今回は、メール商人、アスメル、オートビズ、
コンビーズメールに限定した内容を紹介しています。

 

■メール商人

この中で、完全体のメールスタンドは「メール商人」です。
ステップメール、シナリオ、アンケート、メルマガ、到達率と完全な内容になります。
クイック測定機能をはじめ、アンケート・WEBフォームではリストは逃しません。
顧客のデーターベース化、RSSフィード配信、Twitter連携、
何よりも優れているのはカード決済がメールスタンドの中で
唯一メール商人のみが豊富なメール配信方法があります。

ただ、欠点は購入費と課金が高いことです。ある程度のブログやサイト運営で
報酬額の収入が増えた人にお勧めです。
収入の多いサイトをお持ちの方でしたら購入を検討した方がいいと思います。

■アスメル

次に、「アスメル」はステップメールに特化したメールスタンドです。
シナリオ作成数が無制限に作成できることです。アドレスの数、
リストの数が例え5万、10万のアドレスに配信しても毎月の課金が3,000円
のみの費用で済むのが特徴です。ステップメールの項目も50個と数が多い、

欠点としては到達率がいいが時間が少しかかりますのが特徴ですが使いやすのは
この中では費用の割にはダントツで使いやすいです。
今年で発売されて8年が経過しても根強い人気に支えられていますので
愛用者も多いのも事実です。シナリオを無制限に使いたい方の
ステップメールをメインと考えている人は最高のメールスタンドです。
→ >> アスメル

ステップメールを導入したい・・・
しかし、料金が気になる・・・
そんな方のために!
日本初!使いたい放題、無制限のステップメール「アスメル」!
アスメルは、月間配信数、顧客リスト数、シナリオ数が無制限
で、固定料金制です。
【利用実績13588社突破!】アスメルの詳細はこちら
⇒ >> 日本初!使いたい放題、無制限のステップメール

 

■オートビス

「オートビス」は一斉配信の到達率が優れています。リストへの配信の数により
課金が変わります。少なければ毎月の使用料は1,000円台ですが、5万円、10万円
と配信数が多くなると課金も高くなります。シナリオの数も申し込み料金によって
20~50と制限が入ります。ステップメールをメインと考えている人には
少し物足りないが、ステップメールよりは一斉配信の到達率が高いので
到達率をメインで考えたいる人には検討のメールスタンドです。

■コンビーズメール

最後に「コンビーズメール」です。コンビーズはステップメール機能は
少し乏しいですが、一斉配信の到達率はダントツです。
メールスタンドの中で最も優れた到達率を持っています。
フォルダーにも必ず入ることです。それは迷惑フォルダーに入らないことや
フリーメールでも到達します。例え、10万のアドレスでもわずか10分以内で
ほぼ全て到達してフォルダーに入ります。

通常、Yahooメールの場合は、リミッター機能が働いて6~7千のアドレス以上なる
Yahooのフリーメールは送れなくなるが、コンビーズメールは問題なく送れます。
新商品の発表やどうしても全ての人にメールを送る場合は「コンビーズメール」
は優れたメールスタンドです。

メールスタンドはその目的によって選ぶ内容が変わってきます。
メールスタンドの活用方がとても重要になってきています。
このことは、アンリミテッドネットビジネスに
詳しく解説しています。

メールスタンドは使い方によって使うメールスタンドが変わってきます。
今回紹介したメールスタンドはどれも当たり外れはないです。

費用対効果で少額の投資で大きな効果を上げるのがメールでのビジネスです。
サイトやブログは一般的には待ちの営業といいます。
メールやメールマガジン、ステップメールは営業といい、
特にステップメールはトップ営業マンみたいにあなたのかわりに働いてくれます。
副業やサイドビジネス、家事や子育ての間にコツコツと働いてくれるのが
ステップメールです。

ネットビジネスの手法として、パワーブログ、メルマガネットビジネス、
PPCネットビジネス、アドセンスとありますがどの手法でネットビジネス行うかで
決まりますが、パワーSNS、パワーブログではメールスタンドの有効活用が
報酬額のポイントになります。

 

■ステップメールのお悩みを相談して解決してみませんか

私はこの1ケ月で、Facebook とLINE@、
ステップメールを使って、100 万円稼ぎました。

クライアントでは、会社への資料請求されて数多く集まった
顧客名簿。営業して成約にならず会社名簿になって、
今では使うことがない顧客名簿、これはどこでも
取り扱いに困っています。費用をかけて集めた顧客名簿が
保留状態になった「保留名簿」。

その保留名簿をステップメールを使って、15回配信して
成約につなげ売上につなげることができました。
粗利額として、「1000万円」をクライアントに貢献できました。

その方法は広告費を一切使わずに「ステップメール」だけです。
この方法なら、あなたならもっと稼ぐ事も可能だと思います。
だから、あなただけに特別にお伝えしたいと思います。
詳細は下記の通りです。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★
■Webライフハックのステップメールコンサルティング

ステップメールのお悩みを解決してみませんか。
ステップメールのお悩みを相談して解決し、
見込み客のフォーローメールの構築のコンサルティング
期間限定キャンペーン。

期間限定:3ヶ月間
限定定員:10名
販売価格:100,000円(税込)
返金保証:申し込み後2ヶ月以内限定

※実作業着手の場合は対象外です。

ステップメール、フォローメール、
コンテンツ提供、商品関係のコンテンツ
最終的なセールスの作成方法を
10通から15通作成方法のコンテンツ作成の
ステップメールのコンサルタントです。

期間は3ヶ月間でSkype、zoom、
メッセンジャーで
直接お話でのコンサルタント付き。

一度 Zoom、Skype、メッセンジャーで
お電話でお話させて頂き、ステップメールの
構築をヒアリングさせていただきます。

・ステップメールの構築
・フォローメールの構築
・ワードプレス設定方法
・レンタルサーバー設置方法
・ドメイン取得法
・情報コンテンツ提供方法
・商品関係のコンテンツ
・セールスの構築
・Skype、zoom、メッセンジャーで30分×2回/月
・ステップメールのコンサルタント付き

※レンタルサーバー、ドメイン、ワードプレスは購入者にてご用意ください。
※メールスタンドは購入者にてご用意ください。

応募フォームより

必要事項をお書き入れ下さい。

>> メールスタンドでお悩みを相談して解決したい方はこちら

ご依頼ください。
※メールスタンドはご自分でご用意ください、。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

 

 

 

 

ページの先頭へ