時短と生産性を高める 会社での就業時間を短縮するためには 作業効率を高めるか 新しい効率的なシステム構築が必要です。 時短と生産性を高めることは 工場やサービス業、事務職などの職業の 労働時間での残業時間は上限45時間迄・・・